« インファナル・アフェアⅢ | Main | コーラス »

April 30, 2005

甘い人生

キム・ジウン監督、イ・ビョンホン主演。
10:45上映の映画で、9:45にはすでに15人ほどの女性客が並んでいた。だいたいわたしと同じくらいの年齢層。「これは私の代表作になる」とイ・ビョンホンが語り、「イビョンホン主演の究極のラブ・ストーリー」とキャッチコピーにあれば、これはもうどうしたってねぇ。

上映開始時、客席はほぼ満席。ひとつ空いて左の通路際にすわる20代前半の男性客を場違いと感じる。

約2時間たった映画終了後、場違いはわたしを含めた女性客だったんだな、とわかる。「愛を知らない男の、命をかけた選択」?・・・違うでしょうこの作品は。この作品は暴力と血を描く生理的な映画でしょう。

「オールド・ボーイ」のむごい暴力的なシーンも生理的だった。しかし、「オールドボーイ」は、映画はすごい、と、私の美意識のリストに映画を加えさせるほどの知的な興奮と映像の美しさと感情の浄化があった。
「甘い人生」にはそのどれもがなかった。派手な暴力と血の流れ出す音、血の海ができてゆく画面に生理的な快感を感じる映画ファンを別とすれば、成功した作品とはとても言えません。その一番の原因は、企画そのもの。

暴力が暴力を生むむごさを描く映画を、なんで「究極のラブストーリー」などにしてしまおうとしたのでしょうか。

まったく・・・。
イ・ビョンホンは本当に頑張っていました。彼がすごく頑張る役者なのだと感じ入りました。彼が出ていなければこの脚本なら金返せ、です。しかし・・・・彼が主演だったから、制作者側はつい「愛を描く」などという余計なイロケをだしてしまったのかもしれません。

|

« インファナル・アフェアⅢ | Main | コーラス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/3919779

Listed below are links to weblogs that reference 甘い人生:

« インファナル・アフェアⅢ | Main | コーラス »