« 初恋5  | Main | 初恋 ラスト前 2  »

May 28, 2005

初恋 ラスト前

vol.16
再び話は佳境に入ってくる。

チャヌは2次試験に向けて猛勉強中。引き立て役になっている先輩といい感じ。孤独な彼の姿も切なくて良いけれど、ほっと出来る笑顔も見たいもの。

チャニョクは除隊目前で、ヒョギョンが留学せずにソウルで自分を待っていることを知る。

チャニョクはヒョギョンに留学するように頼むが、ヒョギョンは断る。家族と愛する人のどちらの幸せをとるのか。
それは、他者を決して傷つけられないチャニョクにとっては、自分が選ぶことが出来ない選択だ。彼は愛する人に「自分の家族の平穏な幸せのためには自分たちの愛を犠牲にしなくてはならない」ということを、どうしても彼女にいうことができないのだ。

2人の2度目の再会。
「現実を見ても気持ちは変わらない」ヒョギョン。自分が決してヒョギョンを忘れることはできないと知っているチャニョク。それでも家族の平穏な生活やチャヌの将来を守らなくてはならない。もしも、自分たちの愛を優先させた結果再び家族を取り返しのつかないほど傷つけてしまうことになったら。間違いなくそうなることがわかっているのに、愛することをやめられないのか。チャニョクは自分にではなく相手に忘れることを強いなければならない。けれども、強いることで相手の気持ちを左右することは人間には出来ない。

チャヌは、家族のために司法試験に受かる目標と兄や家族への愛だけで、彼自身の初恋の思いを封じている。
兄と初恋の女性が何の障害もなく愛し合っていたら、チャヌはもっと平凡な苦しみに襲われていただろう。障害があるからそのたびに彼は兄への愛を自覚していられる。ヒョギョンへの思いを兄の愛の成就に転化していられる。

チャニョクとヒョギョンはどうすればよいのだろう。
この作品のすごいところは、観ている者(視聴者)にも「何が2人のために1番良いのか」決められないところだ。

話の展開の中では、いつも、チャヌが「見ている人」になって、何をするべきか言う。
「兄さんはヒョギョンに会うべきだ」
「2人が再会しただけで喜んでいないで兄さんが画家になる夢に向かわせろ」
「兄さんは逃げるしかない」
「兄さんのことは何も教えない。2人が一緒になれないという現実を受け入れるべきだ」
「ヒョギョンは兄さんを忘れない。兄さんもヒョギョンを忘れない。これはもう、運命だ。運命は受け入れるべきだ」

2人の愛の前には、変わらない現実と変えられない運命がある。
だから、2人は愛し合い続け、それによってチャニョクとその家族が傷つけられる現実を受け入れるということになる。
チャニョク自身が傷つき、チャヌが司法試験を諦めなけえばならない展開に、どうしてもなるわけですね。そして、チャヌが要所要所で一番辛い目にあうのです。これはなかなか、よくできた脚本です。ちょっと、周辺の人々の話が多すぎるけど。

|

« 初恋5  | Main | 初恋 ラスト前 2  »

Comments

Yes! Finally someone writes about best dating sites.

Posted by: best dating sites | December 24, 2014 at 10:05 AM

This piece of writing will help the internet viewers for creating new webpage or even a weblog from start to end.

Posted by: best dating sites | January 08, 2015 at 09:13 AM

Wow, superb blog layout! How lengthy have you ever been running a blog for? you made running a blog look easy. The overall look of your site is magnificent, as smartly as the content!

Posted by: best dating sites | January 23, 2015 at 06:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/4310223

Listed below are links to weblogs that reference 初恋 ラスト前:

« 初恋5  | Main | 初恋 ラスト前 2  »