« 桜姫 | Main | 赤い疑惑 »

June 13, 2005

ラ・マンチャの男

幸四郎のはまり役、ラ・マンチャの男ドン・キホーテ。

アマデウスよりさらに、幸四郎の求心力。立っているだけで、ほんのちょいと体を傾けたり腰を落としたり、そんな所作の軽やかで美しいこと。最高に力を持っているのは、声!高い張りのある声、低い深みのある声、七色の声を使い分け、聞く者観る者の快感を誘う。「見果てぬ夢」の一番高いところが出ていなかったのは残念だった。10年前に観たかったねぇ。それでも、彼が出ているだけで舞台を楽しめる、希有な役者です。今週のステージ3連ちゃん、いずれもさまざまに楽しめた。まさしくゴールデンウィーク。

もうひとつ、アマデウスとおなじこと、卒塔婆小町とおなじことがおきていた。
舞台の残酷さ。
卒塔婆小町の高橋洋、アマデウスの染五郎、ラマンチャの松たか子、3人とも天の与えた容姿を持ち、努力も感じられ、下手ではないはずなのに、私が舞台の上の彼らに視線を置き続けられない。
凝った演出が施されているのに、彼や彼女の存在が舞台の上で輝かない。
舞台の神様は残酷です。

藤原竜也が立っているだけで、私はもう他の者が見えなくなるし、幸四郎がほんの小さな所作をしただけで、視線が彼から離れなくなる。舞台とはそういうものだ。BYJのように恋をしてしまうわけではないのに、舞台はオーラを持つ者だけを際だたせる。

幸四郎のサリエリにタツヤのモーツァルト、観たいよねぇ!!!!!

人には、天が与えてくれている何ものかに応える努力の方向が、それぞれに決まっているのではないか。
彼を、彼女を、最高に輝かせる努力の方向が。努力は量でも質でも方法でもなく、その「方向」が一番重要なのではないか。

|

« 桜姫 | Main | 赤い疑惑 »

Comments

Your style is so unique in comparison to other folks I've read stuff from. Many thanks for posting when you have the opportunity, Guess I will just bookmark this blog.

Posted by: best dating sites | January 13, 2015 at 05:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/4540360

Listed below are links to weblogs that reference ラ・マンチャの男:

« 桜姫 | Main | 赤い疑惑 »