« ホテリアー  | Main | 藤原竜也・大正四谷怪談 »

June 28, 2005

アルジャーノンに花束を。

劇団昴。千石300人劇場。この規模の舞台でタツヤを見たい。

1度きりしか読んでいない原作で、泣いた自分を記憶していたし、何より知的でなおかつ分かり易いメッセージを放つ作品。

原作が泣かせてくれたのと同じところで泣いたのだけど・・・。見終わって重くのしかかってきたのは、「舞台にする必要があったのか」という1点。原作を誠実にダイジェストし、主役の彼は充分上手だった。パイプを組んだ舞台も悪くなかった。演出も破綻無く。そう、充分誠実な舞台だった。まじめさという点で。

それで、帰りの池袋駅あたりで、ふと、思ったわけだ。たとえばこれを藤原竜也にやらせたら。この舞台はこうはならなかっただろう。
なぜだろう。タツヤの舞台には、狂気があって、この作品の「チャーリー」をタツヤがやるなら、

そう、作品はこうなる。
知的能力ゼロの美少年。彼をその美のゆえに愛し、罪悪感に苦しむ脳外科医。罪悪感から逃れる唯一の方法として、彼は少年に手術を施し、その結果知的モンスターが現れる。美と傲慢さの前で、純粋だった愛は崩壊する。そして、ラスト。残酷な神の手で知的能力が後退したとき、再び愛が生まれる。
どう?想像しただけでゾクゾクしない?
それは、美しい、そして、暴力的で、なおかつ知的興奮をもたらす舞台になるだろう。

小説を忠実に誠実に舞台にする必要があるのか。それは演劇という媒体を好む人たちのため、それから、文字ではイメージをつくれない人たちへの「絵本」代わり。けれども、舞台とはそういうことのためだけにあるのだろうか。「文字」だけでなく「絵と音」を伴っている以上、作品の輝きは、「文字で味わう」のとは別の次元にあるはずだ。

求める3つ。
知的、誠実さ(おだやかさ、または静かさ)、暴力(たぶん私の中では残酷さやコントロールできない熱情、恋愛)。
それでね、きのう、TV画面上のキムタクを見て、きれいだけじゃ駄目だって、知的でないと駄目だって痛感。
そして今日、知的なだけでは退屈すると知った。

BYJは乾いたからだが水を飲むように癒され幸福感に包まれる。タツヤは彼の舞台上の狂気で暴力的な感情を呼び覚ます。

知的でないと駄目。でも、知的なだけでは退屈なの。

今日のアルジャーノンになかったのは、観る者を引きずり込む美の力。小説には、チャーリーの独白のひとつひとつに美しさを感じたのだけれど。演劇にしたときにそれが失われてしまったのだとしたら、演劇としては敗北なのではないだろうか。舞台の誠実さに充分敬意を払いつつ、そして、こんなふうに考えるきっかけをくれたことに感謝しつつ。

|

« ホテリアー  | Main | 藤原竜也・大正四谷怪談 »

Comments

Hey there! I just wanted to ask if you ever have any trouble with hackers? My last blog (wordpress) was hacked and I ended up losing many months of hard work due to no backup. Do you have any methods to protect against hackers?

Posted by: Best Vape Pen | April 18, 2014 at 01:36 PM

分かる。分かります。藤原竜也にしかない狂気と共に見たい。

Posted by: 大臣 | July 21, 2014 at 09:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/4748845

Listed below are links to weblogs that reference アルジャーノンに花束を。:

« ホテリアー  | Main | 藤原竜也・大正四谷怪談 »