« ふたつのジキルとハイド | Main | ライフインザシアター 第一夜 »

March 31, 2006

藤田継治展

仕事を早めに切り上げて、北の丸公園近くの東京国立近代美術館、藤田継治展を見てきました。代官山のランチをぬいて捻出した1300円の価値があった。

小学生のころ、たしかパリの街角の絵(の写真)を見ているのです。記憶にかすかに残る絵は、淡泊な色彩とデフォルメされているようでいてバランスよくおさまった街の風景。教科書にもその名と小さな作品の写真は必ず出てくるパリにわたった異端児と呼ばれた洋画家。
そんな記憶と知識を、作品はうち砕いてしまった。

彼の裸体の肌色を「乳白色」と呼ぶのだそうです。まさに恐るべき乳白色でした。あんな色見たことなかった。1923年の裸婦1枚で、今日の午後の時間はすべてすんだと思えた。

生きている大理石ともよべない。印象派の色とも違う。「まるで生きているような」が西洋画に描かれた女性の肌の色への賞賛だとしたら、フジタの絵は「生きている」とは決して言えない。印象派の「見えている光そのまま」でもない。
静物を思わせる日本画の女性像とギリシアの大理石の女神たちを、天秤ばかりの皿に載せて、ちょうど静止したその中心点にうまれる均衡。この不思議な色は、この世にじっさいにある肌ではなくて、フジタだけに見えている肌色なのではないか。
そして、その色が、面相筆から出た輪郭で形を持つ。表情を語らない小さな瞳は、そもそもこちらの世界の何かをみているとは思えない。

初期の作品から晩年まで、徹頭徹尾圧倒的に上手いデッサンと画面のバランス。
デッサンは現代のイラストレーターやアニメーターは、結局全員ここから出発しているのではないかと思えるほどの軽やかさ。
画面のバランスの心地よいこと。白い不思議な背景にすくっとただ立っている女性には影が描かれない。大きな画面にたくさんの裸体はミケランジェロの裸体を配置し直したかのような均衡。戦争画も画面いっぱいの子供たちの絵も、彼にとっては美しいものだけを美しく配置した、それこそが彼の絵なのだ。

こんなふうに見えるから、こんなふうに描く。それは天があたえた才。近代日本人画家で、はじめて天才だと思った。不覚にも涙が出そうになった。

対象となっている素材に、彼はなにがしかの表現したい思索を感じているとは思えない。ピカソのゲルニカや、レンブラントの肖像画のような語るべきなのものかは彼の絵にはない。こういう、深みのない平板な素材を描いた絵は本来私の好みではない。にもかかわらず、彼は彼に見える美しきものを残らずキャンパスに描き込んで、多分、本人が一番その美しさにほれぼれと酔い、かつ、その美しさは人をとりこにする。フジタツグハル、恐るべし。


会場で一番人だかりがあったのが、壁掛けTVの前。藤田が1937年に海外への日本文化紹介のために監督した8分あまりの実写映画。「国辱的」というのでお蔵入りになったそうな。子供たちがちゃんばらして散髪屋さんに行って丸坊主になって紙芝居やさんが桃太郎をみせて姉さんと弟ふたり手をつないで家に帰る。そこに映し出された昔の日本の姿に大勢が見入っていました。


九段下まで千鳥が淵の桜が満開、武道館前にはtokioのコンサートを待つ女の子たち。
人を殺すことも、人に殺されることもない平和な世を祈らずにはいられなくなる、そんな散歩になりました。

|

« ふたつのジキルとハイド | Main | ライフインザシアター 第一夜 »

Comments

I pay a visit everyday a few web pages and websites to read articles or reviews, except this blog offers feature based articles.

Posted by: play minecraft | June 26, 2014 at 01:40 PM

This is really interesting, You're a very skilled blogger. I've joined your rss feed and look forward to seeking more of your fantastic post. Also, I've shared your site in my social networks!

Posted by: minecraft games | July 19, 2014 at 07:36 PM

Howdy! This post couldn't be written any better! Reading through this post reminds me of my previous room mate! He always kept chatting about this. I will forward this page to him. Pretty sure he will have a good read. Thanks for sharing!

Posted by: minecraft | July 19, 2014 at 08:07 PM

It's awesome to pay a quick visit this website and reading the views of all colleagues regarding this article, while I am also zealous of getting know-how.

Posted by: here quest protein bars link | August 28, 2014 at 07:06 AM

Normally I don't read article on blogs, but I would like to say that this write-up very forced me to take a look at and do it! Your writing style has been amazed me. Thank you, very nice post.

Posted by: from quest protein bars this | September 09, 2014 at 11:53 AM

It's difficult to find well-informed people for this topic, however, you seem like you know what you're talking about! Thanks

Posted by: www.facebook.com | October 09, 2014 at 11:25 AM

Nice answer back in return of this matter with genuine arguments and describing the whole thing on the topic of that.

Posted by: Diet Plans for Women | October 15, 2014 at 07:41 PM

Thanks for your personal marvelous posting! I actually enjoyed reading it, you're a great author. I will make sure to bookmark your blog and will often come back sometime soon. I want to encourage one to continue your great job, have a nice weekend!

Posted by: best dating sites | October 19, 2014 at 02:20 AM

I do not even know the way I finished up right here, however I thought this submit was good. I do not recognise who you might be but definitely you're going to a famous blogger if you aren't already. Cheers!

Posted by: Best Dating Sites | November 10, 2014 at 11:42 PM

I think this is among the most important information for me. And i am glad reading your article. But wanna remark on few general things, The web site style is wonderful, the articles is really nice : D. Good job, cheers

Posted by: best dating sites | November 14, 2014 at 06:56 AM

Send all of us your Clash of Clans lover art if you are done salivating such as a Barbarian.

Posted by: clash of clans guide pdf Download | June 11, 2015 at 06:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/9353161

Listed below are links to weblogs that reference 藤田継治展:

« ふたつのジキルとハイド | Main | ライフインザシアター 第一夜 »