« 演出 | Main | イッセー尾形 »

April 28, 2006

ライフ・LAST

藤原竜也様 ありがとうございました。

4夜目のジョンは、完璧でした。

マメットの脚本、ポール・ミラーの演出・市村さん主演のあの作品のジョンとして、
マニアのわたしが望みうる、最高のジョンでした。かっこよく純粋で大人だった。最初から最後まで。

あなたが大好きだという第1場面で、あなたはもう変わっていた。14日に見た、先輩に憧れる初々しいジョンではなかった。

ロバートは共演者をこきおろし、ジョンは上手に調子をあわせる。そうしながら、ロバートの言葉がブーメランのように返ってゆく先を、ジョンは見ていた。2流の役者に、距離をおいて。
第1場面の最後に、自分が無造作に捨てたティッシュを大げさに受けをねらって拾うロバート。
それを見るジョンの、温度を感じさせない目。
あの目が、今日の芝居の主旋律を決めた。

剣先をわざとあげるジョンは、今までよりもさらに無造作になっていた。

忘れがたいシーン。兵士の衣装を付ける衣装部屋で照明が当たる前のジョン。
くらい中でジョンは、次の自分のセリフを練習していた。そこには、出を前に緊張しつつセリフを必死に確認する、舞台に魅入られた若い役者がいた。舞台の神さまとだけ向き合って。

小さな衣装部屋で髪をきめているジョンは、素晴らしくかっこよかった。
うしろでちょろちょろ動き、ジョンの髪型をまねて観客の笑いをとるロバートを、完全に、眼中の外に置いて、
鏡に見入るジョンには、男の子が大人の男になってゆく表情があった。

「そういう意味でおっしゃっているのなら、そういう意味で受け取ろうと思います」
ロバートへの独立宣言を、しゃらっと流して言ったね。いい感じだった。
続く舞台上で、ジョンが「セリフをとちったロバート」を実際の観客にわからせるためにする、ちょいとくさい場面、絶妙だった。あれ以上くさくてもダメ、あれ以下におさえると初見の観客にはわからない。ぎりぎりのところ。

「しお、しおみず、な?」救命ボートシーンのセリフ合わせで、大仰なセリフまわしに余計な解釈をつけるロバート。
ジョンは眉根をちょっと寄せて小さく反応し、言葉を飲み込み、あきらめて、最後にたたきつける。

過剰で無意味な解釈は芝居が出来ない言い訳だ。
出番の前に意味のないことを言い立てるその行為が、間違っている!
でも彼は、怒りを直截にぶつけない。

ロバートの空疎な演劇論を「そこの鴨肉とって」とかわす。一瞬もロバートを見ない。

そして、映画の話を受けている電話のそばで、チャチャを入れてくるロバートに聞こえないようにさらっと出る、ジョンの、「才能もね」
これがこの芝居のテーマ。
舞台の神に見いだされたジョンが、そうなれなかったロバートに、しゃらっといった小さな一言。
「才能もね」
ふたりの役者の二重写しの作品。神に見いだされたものとそうなれなかった者の、人間の目から見れば悲劇、神から見ればとりたててさわぐこともないエピソード。

手首を切ってしまったロバートの傍らに立つジョン。ふたりが映る鏡の向こうに、ふたりの同じでいてまったく違う、舞台の上にしかない人生がある。ロバートが惨めな自分を見ているとき、ジョンはふたりの舞台の上の命を見ていた。

はじめから終わりまで、舞台の神がジョンの傍らにいた。
ジョンは、ロバートの繰り言を聞く。シャークスピアのセリフを練習したい時にも。邪魔しているロバートの姿を、我慢でもなく無視でもなく憐れみやいたわりとも少し違う、舞台の神さまに「見なさい」と命じられてそうしているかのように、ただ見つめ、聞く。
最初から、どういうわけか、この場面が私は好きでした。竜也のセリフを浴びたいファンには欲求不満になって身もだえしたくなる、セリフを封じられたこの場面を、気に入っていました。予感があったのかもしれない。
4夜目、自分のセリフではなく相手のセリフでも芝居をしてしまうようになった藤原竜也を、わたしは感動して見ていました。

「まじかよ・・・」 3回目まで吐き捨てるように言っていたセリフを、ささやくように言った。最高に良かった。

私が見る最後のライフインザシアター。最高のジョンに会えて、4回を見た甲斐がありました。

1夜目と同じく、ただひたすら竜也を見ていた。作品を語る資格はありません。ロバートの立場で見ればまったく違う作品だとおもう。市村さんが2流の役者の哀れさや寂しさを思いっきり受けと笑いをとって演じていたらしいのだけど、申し訳ありません、ジョンを見ているわたしには、市村さんはナレーション&背景でした。
1夜目と違って、竜也は市村さんのペースにまったく動じていなかった。だからわたしも、市村さんのおこす観客の笑いが気にならなかった。むしろ、ディープなところで、自分が笑ってしまって・・・。

|

« 演出 | Main | イッセー尾形 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/9805459

Listed below are links to weblogs that reference ライフ・LAST:

« 演出 | Main | イッセー尾形 »