« オレステスへ向かって。1.  | Main | 言葉、言葉、言葉 »

May 27, 2006

MYTH

青山円形劇場。となりの青山劇場でメタルマクベス。

今日は山手線に乗っているときから眠くて。暗いところで座るには気分も体調もかんばしくない状態で劇場へ。

中央に低い丸いステージ、客席がこれを囲む。一番後方の席でも前から4列目。4層の観客に囲まれた空間。舞台の向こうにも観客が見える。向かいの客、横の客。照明を間違うと、または、舞台に集中できないと、客を見に来たみたいになるぞ。

作品。
主人公の若者。父に捨てられた母子家庭に育ち、定職なく、お金無く、母はとうに亡くなり、ずっとあっていなかった父が先日亡くなってその遺産として古い家を残された。遺産の管理をする弁護士。主人公の幼なじみの若い男。同じ母子家庭だったことが友人でいる理由。こちらも定職無くニートかフリーター。そして、遺産の家を処分しに来た主人公の前にあらわれた父。この父は主人公とその友人にだけは見える幽霊。ただし、他の人物と同じように舞台上にいる。

この4人の会話で、
主人公が幼いときに失った父への押し殺していた葛藤が表出し、最後に、長い間とらわれていた葛藤と自分がつくっていた閉塞から解放された。
という、お話。それだけ。それだけにむかって1時間40分4人が劇をやっていた。

父の幽霊、ではなく、幽霊である父。まことにお手軽な存在感。(今の若者たちにとって、お話の中の幽霊はこんなふうにお手軽という事実の方が面白いテーマになる)友人も実体はなかったので存在を簡単に消せる。両者から出るお約束されたゆるいミステリアスな味付けだけがこの作品の調味料。
この作品を、生きている父、生きている友人とぶつかる話にできなかったところが作品のぬるさのすべて。生きている人間だとその存在は重い。現代日本のあちこちに簡単に存在している幽霊や仮想人間なら重くぶつからないですむ。ぶつかって主人公が傷つかずにすむ。主人公、幽霊父、仮想友人のどの内面を深く掘り下げることもしなくてすむ。
しかし、若者自身がつくりだしてしまっている閉塞というテーマの、その原因が父の喪失、その結果が友人の創出という作品なのに、その父をお手軽な幽霊父にして、友人をぼけの笑いを取るだけのキャラクターにして、どうするの?主人公が傷つかないようにつくった戯曲って、戯曲の価値ある?
半分寝ていたのに話が分かってしまう舞台。ちょっと文章が書ける高校生あたりの小説風を、活字読むのが嫌いな人にわかりやすく見せました、という劇。それを5000円で見せないでほしい。

幽霊父以外の3人はラ行ヤ行サ行などを発声できていなかった。ピアニッシモのせりふなし。フォルテのセリフもなし。ビブラートも無し。ゆえに会話からメロディが生まれえず。若者ふたりは立ち姿に緩急がなく緊張感なし。動きのキレ、スピード感無し。演出家が鍛えないと役者ってこうなるのか。
どう見えるか、どう聞こえるかを全く考えない。、様式を理解できなかった現代日本演劇の演出家が高校演劇部の部長の延長にしかいないことをまざまざと見せてくれた。鍛えられない役者はかわいそうです。


実は、
一番嫌だったのは、観客の反応でした。PC上やノートの落書きや手紙に頻出する「(笑)」の文字。セリフや動きにたくさんこれを感じて、そして、観客はお約束通り笑っていました。まさに、この劇場空間が用意したままに観客を見に来てしまいました。

私はエンターテイメントにおける上質の笑いは好きです。落語も狂言もシルクドソレイユのクラウンもシェークスピアの饒舌さえ、お金を払って味わいに行きます。しかし、今日は、あふれる(笑)で互いにおもねりお約束だけの楽しさを演出しているここ十数年のケータイな日常を、お金を払い時間を使って見に来てしまった。今日は、わたしが、観劇の選択を完全に間違いました。わたしが幸福感を感じる世界ではなかった、これはこれで好きな人たちが大勢いるでしょう、ただ、舞台の世界にさえこれがあふれている日常に恐怖を感じてしまって。

|

« オレステスへ向かって。1.  | Main | 言葉、言葉、言葉 »

Comments

Hello, this weekend is fastidious in favor of me, because this time i am reading this wonderful educational paragraph here at my house.

Posted by: free Music downloads | February 26, 2015 at 07:57 PM

Thanks for the auspicious writeup. It if truth be told was a enjoyment account it. Glance advanced to far brought agreeable from you! However, how can we keep in touch?

Posted by: Free music downloads | February 27, 2015 at 06:10 AM

What's Happening i am new to this, I stumbled upon this I have found It positively useful and it has aided me out loads. I'm hoping to give a contribution & help different users like its helped me. Good job.

Posted by: best eye wrinkle cream | March 03, 2015 at 08:40 PM

I enjoy what you guys are usually up too. This sort of clever work and reporting! Keep up the very good works guys I've incorporated you guys to my personal blogroll.

Posted by: quest bar coupon code canada | March 21, 2015 at 10:00 AM

An interesting discussion is worth comment. I do believe that you ought to publish more on this topic, it may not be a taboo matter but generally folks don't talk about these subjects. To the next! Kind regards!!

Posted by: minecraft download | March 26, 2015 at 09:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/10265305

Listed below are links to weblogs that reference MYTH:

« オレステスへ向かって。1.  | Main | 言葉、言葉、言葉 »