« MYTH | Main | 劇団新感線 天保12年のシェークスピア DVD »

June 02, 2006

言葉、言葉、言葉

今村昇平さんへの追悼記事。名前を覚えている数少ない映画評論家秋山登氏の言葉。
「近ごろの日本映画の傾向を一言で言うなら<緩い、ぬるい、甘い>である。重くて厚くて濃い今村「重喜劇」が映画史の中に消えたのはいかにも寂しい」

翌日のカンヌ映画祭報告記事。今までに9本をカンヌに出品してきた仙頭武則プロデューサー
「国際映画祭の場では日本で当たった映画はダメだと見る向きさえある、・・・何がしたいのか、何が良いものかという価値観を、作り手は明確に持つべきだ。類型化した感情を、等身大の人物に、説明的に語らせる映画が多い」

カンヌの作品選考責任者ティエリー・フレモー氏が、記者の良い映画とは、の問に
「ピカソの絵画ゲルニカ。見て美しく、芸術性があり、メッセージがこもった作品だ」

茨木のり子さん
「自分の感受性くらい自分で守れ、ばかものよ」
あなたが残してくれた言葉を、噛みしめる。

|

« MYTH | Main | 劇団新感線 天保12年のシェークスピア DVD »

Comments

That is really fascinating, You're an overly skilled blogger. I've joined your feed and sit up for in quest of extra of your magnificent post. Additionally, I have shared your site in my social networks

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 03:02 PM

I enjoy what you guys are usually up too. This sort of clever work and coverage! Keep up the good works guys I've added you guys to my own blogroll.

Posted by: best dating sites | January 13, 2015 at 05:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/10356517

Listed below are links to weblogs that reference 言葉、言葉、言葉:

« MYTH | Main | 劇団新感線 天保12年のシェークスピア DVD »