« 志の輔 独演会 | Main | オレステス »

August 31, 2006

オセロー 能楽堂シェークスピア

8月29日 梅若能楽会館。りゅうとぴあ能楽シェークスピアシリーズ。

残念ですが、
楽しさがありませんでした。3時間近いシェークスピア。幕間の休憩時間に、あぁまだ1時間半もあるのか、と思っていました。

シェークスピアの戯曲はおもしろい。本で読むより、役者が舞台で演じる方がおもしろい。
目の前で進行している劇をみながらそう感じているのです。戯曲のおもしろさを感じるのです。それなのに、そのおもしろさが演劇として伝わってこない。進行している舞台の空間に、楽しさを見つけられない3時間。

イアゴーの植本潤はせりふに負けて、出だしで前代未聞の「すみません、やりなおします」。
これはもう致命的。いっぱいいっぱいなのが、見ていてつらくなるほど。ところが、そのせいで、この劇中の隠された主役はイアゴーなのだ、と痛感。イアゴーができていないとこの作品は意味をなさなくなることが、はっきりとわかりました。

後半のオセロ、高潔なはずの男がつくられた嫉妬にはまり転落する。
このとき、観客には見えているイアゴーの嘘が、舞台上のオセロには「真実」でなくてはならない。そうしないと、作品が普遍的な悲劇ではなくて、だまされ男の喜劇になってしまう。
谷田歩さんのオセロに、ただ、怒り、がなりたてるだけではなく、むしろ、彼に見えている「真実」に彼の内面がむしばまれてゆく様を、みたかったのです。
イアゴーとオセロの役者に、悲劇を演じてほしかったのですが、それが本当に難しいことなのだと言うことが、今日の舞台でかえってよくわかりました。  

役者の責任ではなく、「能楽風」には、オセロという作品の選択が間違いだったではないでしょうか。
役者はそれなりに発声しているし、懸命に演じようとしているように見えました。けれど、役者が動きを封じられて、せりふだけで演じようとして、長い饒舌なシェークスピアのせりふをしゃべり続ける。せりふは身体表現なのに、「能っぽさ」を指向した演出が、役者の持つ身体表現を殺していました。
ケラの「噂の男」と正反対で、リズム感スピード感を排除。若者に支持される今風の舞台への対抗だったのかもしれません。せりふの応酬の中に静謐な空間を作ろうとしたのでしょうか。しかし、そうはなっていませんでした。狂言は能と違ってせりふがあるけれど、舞台空間がすばらしく緊張します。その緊張は快感です。今日の舞台は苦痛を伴う緊張でした。(まじめに一生懸命やっても、つまらないものはつまらないんだと思うと、いたたまれなかった。)

今日の舞台の収穫は3つ。

市川笑也さんは美しい女形ですね。
国立劇場出身だから歌舞伎座の演目に呼ばれないなんて、そんな馬鹿なこと。玉三郎の次の世代がいない。笑也こそ、次の世代の中心におくべき女形なのに。今日の舞台は、市川笑也を見たのが収穫。でも、歌舞伎で見たいです。

さらに、
シェークスピアはむずかしい。萬斎のハムレットで思ったことが、またくりかえされました。
語られている内容が難しいのではなく、それを表現する到達点にゆくまでにハードルが多すぎるのかもしれない。膨大なせりふ、表裏のある人物たち、せりふに隠された人物の過去。
見ているものは饒舌な言葉の量に嫌気がさす。集中力を失って、状況を変える一言をききもらす。

そして、
オセロの戯曲のおもしろさを知ったのが最大の収穫。
オセロはイアゴーなのです。ふたりは表と裏をなすひとつの存在。
イアゴーは陰です。彼は陰だから、光のあたった表側にいオセロを憎む。自分が取って代わるためにあらゆることをする。
オセロは純真無垢な光。自分の中の闇を知らず、自分の中にある闇に気づけない。暴露された悪事を自分の中ではなく、愛しているはずの「他者」デズデモーナのなかに見つけてしまう。
自らを疑わずに他者を疑ってしまうとき、もうそれは光ではなくなる。オセロは消えるしかない。
光が失われたとき、光によって存在していた闇も消える。イアゴーもまた消えるしかない。

だから、お願いです、蜷川さん!
オセロを真田くんに、イアゴーを竜也にやらせてください。この二人しか、膨大のせりふに負けることなく、饒舌なせりふを超えて、人間の二面性をあぶりだし、闇によって失われてしまう光と、光によってしか存在できない闇を、表現できる役者はいません。

|

« 志の輔 独演会 | Main | オレステス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/11697011

Listed below are links to weblogs that reference オセロー 能楽堂シェークスピア:

« 志の輔 独演会 | Main | オレステス »