« 万作を観る会  | Main | 真田さんのハムレット »

October 30, 2006

平成名人会 明治座

「風間杜夫の平成名人会」
明治座。

落語には大きすぎる入れ物かなと心配でしたが、むしろ、落語を好きな大勢の客が豪華で古風なホールいっぱいに大きく沸いて、平成の名人たちを引き立てました。

柳家花緑は小さんのお孫さんだそうです。二八そばを熱演。掛け合いの間合いがまだこれからとは感じましたが、そばをすするさま、ちくわを味わうようすなど、形態模写の部分が美味かった。毛並みの良さが小粋な様子に育ってゆく期待を持ちました。

正蔵は昨年の襲名披露の会から11ヶ月近く。ずいぶんと年を取ったように見え、それがこぶちゃんの子どもっぽさから正蔵の円熟への脱皮途上のように好ましく思えました。はなしも、肩の力がずいぶんととれて、お父さんの爆笑系や義兄の小朝の賢い回転の速さとは多分180度違う、自分の持ち味を目指し始めた落ち着きがありました。題は知らないのですが、滝の脇でうたた寝し夢の中で三歌聖に歌の手直しを受けるお話。内容は笑いよりも言葉で表現することの奥義、もう2,3回聞いて自分の持ち物にしたいような噺でした。こぶちゃんには、(失礼!実は真面目な)平成の正蔵には、この線が似合っていると思うのです。

春風亭昇太は客層にあった新作の爆笑系。お客さんが正蔵を頭で味わったあとにお腹で笑わせるバランス。

軽食のとれる休憩を挟んで幕が開けば、小朝のロックじゃみせん。この人はほんとに何をやらせても巧い。お客さんを納得させます。でも、今日の客層には計算が違ったのではないかなぁ・・・とおもったのですが・・・。これがあとで、合点がゆくようにできていました。
なぜって、
本日の座長、風間杜夫さん。餅は餅屋ですから、まあこんなものでしょう。で、小朝が噺ではなく色物を、寄席とは違う雰囲気で演じたのは良い前菜だったわけです。さすが、小朝。

真打ちは志の輔。
まくらは、ばりばりのタイムリー、高校の履修単位ずる事件。「もう毎日百件単位でふえてゆく・・」ははは。
利口ばかりはこわい。利口ばかりだと馬鹿になる。そしてね、馬鹿と利口の違い、馬鹿は、伝染(うつ)るんです。

「太郎くんと二郎くんの草刈り、残りはいくつ」「やってみなくちゃわからない」
「さるとうしとうまとひつじとライオン、仲間はずれはどれ」「仲間はずれはいけません」

今日の噺、良かったなぁ。枕も、噺も。志の輔の暖かい目と権威批判、どちらにも渇望している日常だから。志の輔に、今日はありがとう。PARCO寄席も楽しみ。

|

« 万作を観る会  | Main | 真田さんのハムレット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/12486865

Listed below are links to weblogs that reference 平成名人会 明治座:

« 万作を観る会  | Main | 真田さんのハムレット »