« オレステス 最後に。 | Main | 平成名人会 明治座 »

October 22, 2006

万作を観る会 

10月22日。国立能楽堂。

小舞 住吉 万作。
狂言 萩大名 石田幸雄 (万之介 体調不良による配役変更)。
狂言 柑子 万作。 萬斎。
奈須与市語(かたり) 万作。
狂言 二人袴 野村遼太。 萬斎。.

柑子まで観て、やはり万作はうまい、みかんをすするさまの美味そうなこと、と感心しつつ、しかし、今日は万作さんの空気をふるわせる至芸は観られないかな、などと物知らずにも思った。

ところが、「奈須与市語」。

狂言の世界にこのようなジャンルがあるとは、まったく思いもよらないことでした。能「八島」の幕間に演じられる「間狂言」なのだそうです。しかし、狂言の「笑い」は一切ありません。これは、現代の演劇なら一人芝居と分類されるものでしょうか。
ほとんどが膝をついてのせりふ語り。判官義経が平家の挑発を受けて、まだ初々しい若武者の与市に波間に浮かぶ扇の的を射よと命じる。与市がこの恐ろしいプレッシャーのかかった命を受ける。演じる万作は判官になり誰もいない目の前に向かって命令を下し、即座ににじって体を反転し、与市となって判官にかしこまる。判官に厳命を下されて、与市は馬上で波をわけ、潮を結んで手水とし両眼をふさぎ、南無八幡大菩薩、四つ引き絞り、矢はひいと飛んで、的をぷっつりと射切る。

ただ、白い照明を浴びるだけの四角い能舞台に、波の音がたち、風で船縁が揺れ、馬が海中に進み入り、矢が波頭を越えてまっすぐに飛ぶ。

白い舞台の上にいるのは、齢70を越えた演者ただひとり。

これはいったい何?
この舞台を観てしまったら、近代の演劇の照明も衣装も音響も派手な大道具も、一切が消え去ってしまう。
これはいったい何?

今日はこの1本で、極上の満足。

万作と萬斎と、親子とはいえ、芸を表す自分自身に求めるものの違いが際だって、勉強になりました。
2年前に万作の親、萬斎の婿で観た二人袴を、今日は高校1年生の若い婿と萬斎の親で。
萬斎はのびのびと楽しく演じていました。お父さんと同じ板にいない方が、この人の良さが表現されるように思いました。彼は彼の時代をよく表しているように思います。軽いしゃれた笑いで見る人を楽にさせる楽しみ。

わたしは、万作の美しい緊張感で心が解き放たれる。そんな人間は、もうこの時代では絶滅品種になっているかもしれない・・・。そんなことも思いました。

24歳の「彼」に、奈須与市語をやらせてあげたい・・・。さぞや、美しい若武者となることだろう。
大勢の演劇関係者の中に、それを思いつくものが、誰もいない。残念なことです。

|

« オレステス 最後に。 | Main | 平成名人会 明治座 »

Comments

You are so interesting! I don't think I have read a single thing like this before. So good to discover another person with genuine thoughts on this subject. Really.. many thanks for starting this up. This web site is one thing that's needed on the internet, someone with a little originality!

Posted by: best dating sites | December 05, 2014 at 10:47 AM

If you are going for most excellent contents like I do, simply pay a quick visit this web page every day since it offers feature contents, thanks

Posted by: best dating sites | December 19, 2014 at 07:36 AM

Please let me know if you're looking for a article author for your weblog. You have some really great posts and I believe I would be a good asset. If you ever want to take some of the load off, I'd absolutely love to write some content for your blog in exchange for a link back to mine. Please shoot me an e-mail if interested. Thanks!

Posted by: best dating sites | December 27, 2014 at 10:36 PM

I'm extremely impressed with your writing skills and also with the layout on your weblog. Is this a paid theme or did you customize it yourself? Either way keep up the nice quality writing, it is rare to see a great blog like this one nowadays.

Posted by: %anchor_text% | February 20, 2015 at 11:40 AM

Hi there! This is kind of off topic but I need some advice from an established blog. Is it hard to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty fast. I'm thinking about making my own but I'm not sure where to begin. Do you have any ideas or suggestions? With thanks

Posted by: minecraft | March 26, 2015 at 08:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/12378804

Listed below are links to weblogs that reference 万作を観る会 :

« オレステス 最後に。 | Main | 平成名人会 明治座 »