« トーチソングトリオロジー | Main | ロープ。リングの下から。 »

December 20, 2006

3つの近松心中物語。平成版。

蜷川幸雄さんの名を世に出した名作、ヒラミキと太地喜和子さんの「近松心中」。
板東八十助・樋口可南子さんのリメイクと、阿部寛・寺島しのぶさんの平成新バージョン。

寺島しのぶさんは巧い。上手な役者さん。いじらしく恋によろこび、必死に恋をまもる、端女郎の辛い生き様を素敵に演じていました。阿部寛もさすが平成の良い男。(そりゃキムタクかな。でも、キムタクは舞台は無理でしょうから)市井にふつうに生きていた男が運命の恋に翻弄されて、守ってきた小さな平凡を捨ててゆく男の生き様を、上手に演じていました。宇崎竜堂さんの音楽、森山良子さんの歌が、ふたりのかなしい恋を優しく見守っているようでした。もともとが歌舞伎の悲恋。下手をすると時代の違いから、ただ大げさで大時代で先の決まった退屈な物語になってしまう。それを、イケメン阿部寛と可憐な寺島しのぶさんの魅力をうまく引き出して、さらにお亀と与兵衛にも、見苦しくない役者さんをあてて、今の時代に、ふたつの恋のかなしさとあわれさの、物語のおもしろさをすっきりときれいに見せる舞台にしている。まったくべたべたした感じがない。重苦しさもない。せりふのままに、芝居が、なめらかに進んでゆく。平成はこういう時代。こういう時代です。

これを、ヒラミキと太地さんの30年前の「近松心中」と比べても仕方ないと思う。
人が生きる世の中がこれだけ大きく変わったということなのだと思う。
いえ、「世間」が失われて、「世の中」になり、その「世の中」も影だけ残して日々消えている。
「自分」「自分たち」「まわり」区切りのついたクリアな空間、それが30年たって、私たちがたっている場所だ。
30年後の「新・近松」は、時代にあった、不純物のない快適な舞台になっていたとおもう。

30年前の「近松」。
平幹二郎、太地喜和子、市原悦子、金田竜之介、菅野忠彦、山岡久乃、歌・森真一、音楽・猪俣公章、脚本・秋元松代、人形・辻村ジュサブロー、美術・朝倉摂・・・どの方も、生きてきた人生の深さが、平成の人間には太刀打ちできない。

新・近松はブログを書きながら見ていられる。目をはなしても、話を追って行ける。

ヒラミキと太地さん、金田竜之介さん、市原さん、山岡さん、菅野さん、そのどの人の場面も、見入って目が離せない。せりふを聞くだけではなく、彼らそのものに見入らずに入られない。

そんな舞台は、30年前に時代が生んだ奇跡だったのです。奇跡は、奇跡だから、奇跡。再現はありえない。

|

« トーチソングトリオロジー | Main | ロープ。リングの下から。 »

Comments

Ahaa, its pleasant discussion concerning this paragraph here at this website, I have read all that, so at this time me also commenting at this place.

Posted by: 1997 ford explorer rear brake caliper | June 27, 2014 at 05:40 AM

Admiring the dedication you put into your site and detailed information you provide. It's awesome to come across a blog every once in a while that isn't the same unwanted rehashed information. Great read! I've saved your site and I'm adding your RSS feeds to my Google account.

Posted by: quest nutrition quest bars | August 13, 2014 at 05:47 AM

My partner and I absolutely love your blog and find many of your post's to be just what I'm looking for. Does one offer guest writers to write content to suit your needs? I wouldn't mind composing a post or elaborating on many of the subjects you write in relation to here. Again, awesome weblog! Quest Bars blogesaurus

Posted by: www.Checkupcalcio.Com | September 30, 2014 at 12:15 PM

This is a topic that's near to my heart... Take care! Exactly where are your contact details though?

Posted by: Diet Plans for Women to Lose Weight | October 10, 2014 at 04:53 PM

Hi to all, how is the whole thing, I think every one is getting more from this site, and your views are nice designed for new people.

Posted by: Where Do You Buy Quest Bars | October 12, 2014 at 02:54 PM

May I just say what a relief to find a person that truly knows what they are discussing online. You certainly know how to bring an issue to light and make it important. A lot more people need to check this out and understand this side of the story. I was surprised that you aren't more popular because you certainly have the gift.

Posted by: best Dating Sites | November 11, 2014 at 12:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/13132926

Listed below are links to weblogs that reference 3つの近松心中物語。平成版。:

« トーチソングトリオロジー | Main | ロープ。リングの下から。 »