« 飛燕の天馬 | Main | 志の輔 in parco その壱 »

December 29, 2006

ロープの外から、ロープの中の君へ。 

ロープ戯曲を最初から読んで、20日に見た竜也のノブナガはやっぱり違うと思った。
もっと薄くて軽くて狡くて。でも、それなりの青年の純情もそれなりの役割意識もある。それなりに平気に懸命に生きてる。軽薄なくせに繊細。人の気持ちは踏みつける。自分の痛みには敏感。いる。そのへんに、いっぱい。私の中にもいる。

そのうえ、ものすごく重要な役なの。(主役だから当たり前って言う意味じゃなく)
彼がメッセージ。野田さんのメッセージそのもの。野田さんは観客に変わってほしいのだとおもう。きっと変化してほしいと思っている。あの作品で変化するのはノブナガだけでしょう?他のどの登場人物も本質的変化をしない。ノブナガだけが変化する。そして、野田さんは観客にノブナガと一緒に変化してほしい。今度の作品で、野田さんは演劇そのものよりも変化してほしい気持ち、その希望を強く持っているのだとおもう。
竜也のノブナガに託しているのだと、思う。

タマシイなんか知らないノブナガがタマシイを抱くノブナガになる。
そして、人間はタマシイを持ったときに、はじめて祈る。

誰ひとり、君のことを語ろうとしない。
・・・でも僕は、ほら、あれからここに抱いたままだ。
・・・・・どうかどうか、君そっくりのびしょびしょになったタマシイが、どうか姿を見せますように。

竜也なら、まっすぐ変化する。かつて彼自身が変化したように。舞台を知らなかった少年が舞台を知った藤原竜也になったように。野田さんはそう思っていると思う。
いっそのこと蜷川さんとの10年間で身につけた舞台のいろいろを全部捨ててもらいたい。全部捨てて、変化する前のノブナガを演じて、私たちが私たちをのぞき込む鏡を見せてほしい。
それから、ミライでタマシイをひろった人間になって、
タマシイを忘れなくては生きていられない私たちの代わりに、祈りの言葉をいってほしい。

・・・・どうかどうか、君そっくりのびしょびしょになったタマシイが、どうか姿を見せますように。

きっと、今度の神様はあなたの変化を待っている。

|

« 飛燕の天馬 | Main | 志の輔 in parco その壱 »

Comments

That is really interesting, You're a very professional blogger. I have joined your feed and look forward to in search of more of your magnificent post. Also, I've shared your website in my social networks

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 09:36 PM

I could not refrain from commenting. Well written! blogesaurus.com quest bars

Posted by: quest bars online cheap | January 23, 2015 at 04:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/13208991

Listed below are links to weblogs that reference ロープの外から、ロープの中の君へ。 :

« 飛燕の天馬 | Main | 志の輔 in parco その壱 »