« 近松心中物語。古典。 | Main | ロープの外から、ロープの中の君へ。  »

December 26, 2006

飛燕の天馬

2006年12月24日 中山競馬場

11万人の人間の目の前で、彼はひとつの蹄だけを飛燕に載せて、空を飛んだ。

天馬は飛燕に載ると知り、漢の職人はその姿を小さき銅の形にとどめた。
以来2000年、その姿は小さな銅の中にとじこめられたままだった。

2006年12月24日、2000年の時を越え、はるかモンゴルの草原から東の海の果ての国へ。
22万を数える目の中で、その馬は再び飛燕に載り、その脚は再び空を飛ぶ燕を踏んで、彼は天に放たれた。

あとには、その名の通りの深い残像。

まただれかが、彼の姿を残すだろうか。銅で、あるいは文字で。あるいは・・・。
天は才を見せ、人は見たものをとどめずにはいられない。

|

« 近松心中物語。古典。 | Main | ロープの外から、ロープの中の君へ。  »

Comments

Thank you for another excellent article. The place else could anybody get that type of information in such a perfect means of writing? I've a presentation subsequent week, and I am on the search for such information.

Posted by: best dating sites | November 19, 2014 at 08:13 PM

Hey very nice blog!

Posted by: download free music download Free music | February 18, 2015 at 04:59 PM

It's wonderful that you are getting ideas from this post as well as from our dialogue made here.

Posted by: minecraft games | April 07, 2015 at 04:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/13206033

Listed below are links to weblogs that reference 飛燕の天馬:

« 近松心中物語。古典。 | Main | ロープの外から、ロープの中の君へ。  »