« ロープの外から、ロープの中の君へ。  | Main | 朧の森に棲む鬼 »

January 07, 2007

志の輔 in parco その壱

2007 1月6日。

冷たい雨に濡れてこんな日に笑いに行くおばか・・・と思いつつ。
パルコ劇場で。七福神。メルシー雛祭り。中村仲蔵。

志の輔さんの笑いと泣かせは、波長がぴったり合う。
今日は調子悪くて、客席のノリも足らず。見ている私の方がひやひやすることしばし。
それなのに、メルシー雛祭りのラストから、涙と鼻水が流れること流れること。
休憩のあと昔の歌舞伎のお話。中村仲蔵。舞台の話なのだもの、舞台の神様の話なのだもの。
もう、竜也のこと考えて、仁左衛門さんのこと思い出して、まるで今の私のために出してくれた噺のよう。
しかも、仲蔵が芸で天下を取るきっかけになった忠臣蔵五段目定九郎は、ちょうど1年前浅草歌舞伎で獅童がやったあの役だったとは。えぇーこんな格好いい役がどうしてすぐに殺されちゃうの????と思ったまさにそれ。もともとはただのしょぼい小さい悪役だった定九郎を、仲蔵が意地と芸への強い思いで男も惚れるかっこいい立ち役にしていたのですね。

藤原竜也くんは、せっかく渋谷に毎日かよっているのだから、パルコ劇場によって、志の輔さんのこの噺聴いてくれないかな。竜也くんにこの噺を贈りたい。舞台の神様は確かにいるって、思い出せる。

出自の低い役者が意地悪で与えられた端役を今までにない姿に演じる。全身白塗りにして頭からつまさきまで水を浴びしぶきをはねてはしり血糊をながす。言ってみればその工夫のさま、それだけの話なのに、なぜあんなにあとからあとから涙がおちていったのだろう。
血筋のない天才役者が狭い歌舞伎界の因習を破るには、よほど強い神様に見込まれて、観客ばかりか役者仲間の度肝を抜く美しい姿を見せたのだ。神様の手と人の心が出会って、あっぱれ奇跡が起きた。

ほんとうに、竜也にきかせたかったな。見せたかったな。
志の輔さんが語って目の前にあらわれた、黒紋付きの間からすっとのびた定九郎の白い脚、髪から着物から滴る水しぶき、破れ傘からぱぁっと散る水滴、はたっと撃たれて止まったその口の端から喉元をつたい胸まで流れる血の赤。その姿に心をふるわせ声を失った観客。

周囲の猛反対を押さえて仲蔵を名題にさせた団十郎の、胸のすくようなひとこと。
「今までずっと、おかしいと思ってた、しかしな、おれにはどうすればいいのか思い浮かばなかった、お前さんのやったあれが、ほんとうの定九郎だ」

舞台は、誰もが知っている「立派」や「美」のものまねを見せるところじゃない。
今まで誰も見つけられなかった光を、これだった、とみせてくれるところ。
仲蔵は「誰も見たことのない定九郎をやろう」とただそれだけを願って、本当の定九郎を見せた。

舞台って、すごい。
芝居の神様を見せてくれた志の輔さんに、「ありがとうございました」。だから、
1年間、リキ入れず心をまっすぐに生き延びて、また来年パルコで志の輔さんに会おうと、
そう思えば1年間生きて行けると、心に暖かいタマシイを抱いて、雨上がり日暮れてゆく渋谷を歩いた。
幸せな帰宅路だった。

|

« ロープの外から、ロープの中の君へ。  | Main | 朧の森に棲む鬼 »

Comments

I've been exploring for a little for any high-quality articles or weblog posts in this kind of space . Exploring in Yahoo I finally stumbled upon this website. Studying this information So i am satisfied to exhibit that I have an incredibly good uncanny feeling I came upon exactly what I needed. I such a lot certainly will make certain to don?t disregard this site and give it a glance regularly.

Posted by: best dating sites | January 13, 2015 at 08:03 PM

Just desire to say your article is as amazing. The clarity in your post is just excellent and i can assume you are an expert on this subject. Well with your permission let me to grab your RSS feed to keep updated with forthcoming post. Thanks a million and please keep up the enjoyable work.

Posted by: free Music Downloads | February 16, 2015 at 12:39 PM

I simply couldn't depart your web site prior to suggesting that I really enjoyed the standard information an individual provide to your visitors? Is going to be back frequently to check up on new posts

Posted by: minecraft games | March 26, 2015 at 09:43 PM

Thankfulness to my father who stated to me about this weblog, this web site is in fact awesome.

Posted by: videos chicas Hermosas | April 08, 2015 at 11:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/13361945

Listed below are links to weblogs that reference 志の輔 in parco その壱:

« ロープの外から、ロープの中の君へ。  | Main | 朧の森に棲む鬼 »