« 都路華香展&横山大観「生々流転」 | Main | 心にナイフをしのばせて »

February 24, 2007

4つの美術展、はしごして。

明日までの開催の美術展を含めて、4つ、はしごしました。
海外旅行に行った時の、「頑張る」ペースです。そう考えれば、日本で頑張ったって良いわけです。日本にも、宝物はたくさんあります。

11:30 原宿 太田記念美術館 北斎「竜虎」

入場までに1時間弱並び。しまった。今年にしては北風が強く、冷えること。明日までの開催であれば、当然予想しておくべきでした。日本画をこの人並みの中で見るのは、それだけですでに、失敗。
でも、「竜虎」はさすがでした。虎はお茶目でかわいく、虎としての志は応挙の虎の方がはるかに上ですが、これは竜と対峙して、はっきりとわかる「男と女」の「女」。
虎を女に見立て竜を男に見立てての対の軸です。
虎は可愛く、竜は深い。二隻の色の違い、明るい虎、暗い竜。広い空間を受ける虎と、画面いっぱいの黒を吐き出す竜。視線が合っているようで、実は合っていない。これはもう、男と女ですよ!やるなぁ、北斎さん。

想像していたのとは違う感銘を受けてから、ほかの展示へ。浮世絵にはまだ入り込めないと思いながら進んでいると、突然たおやかでおおらかな女人の図。鳥居清元。これはこれは。まさしく文楽と同じ色気、同じ線。塗り重ね塗り固める西洋の絵と、線が流れ色が透く日本の絵を、同じ絵とは分類できません。
着物の模様とひだの重なりがつくる心地よいリズム感。記号化された人体のデザイン性。正義がひとつしかない神学にとらわれていたヨーロッパの人間は、この軽やかさと明るさ、それでいて、ゆるみのない把握に驚いたことでしょう。

地下鉄を乗り継いで半蔵門から山種美術館へ。小規模ながら良い日本画のある美術館なのですが、今日は現代著名画家の特別展。絵の展覧会で、初めて、「金返せ」の気分になりました。

少々落ち込んだ気持ちでお堀端を歩くと、冬の蒼天に向かって、コブシの樹。花も葉もない桜の枝。高い薄雲の間に雲と同じ色で白い昼の半月。人間は自然にかなわない。せめてもの美を切り取りたくて、絵にする。
日本の絵はそういう絵だったのだと、思います。
そこに「ヨーロッパモデル」と「アメリカンビジネス」が入り込んで、すっかり退屈な厚塗りになったんじゃないのか。

近代美術館工芸館。「松田権六の世界」
没後10年の、日本の漆作家最高峰、人間国宝だった方の作品展です。
人間国宝は伊達じゃない。半端じゃない。文楽に次いで、また、深く額ずくだけでした。
作品と呼ぶには美しすぎる宝物の品々。漆の黒光り。蒔絵の金の光沢の様々な色調に、見飽きることがありません。こんな光る黒を、世界のほかの人たちは作れたのでしょうか。海辺に残る波の痕のような金のグラデーション。サギの羽根の一片一片の白。棗に降る銀の粉が、下からかざすと七色に散り舞うのです。

最後に、もう1度大観の「生々流転」を見に足を伸ばして、4つの美術館のはしごを終えました。
お疲れさま。目に幸せも、楽じゃないです。生活の中に、あの絵があの漆器があればねぇ。

|

« 都路華香展&横山大観「生々流転」 | Main | 心にナイフをしのばせて »

Comments

I simply could not go away your web site prior to suggesting that I extremely enjoyed the usual information an individual provide for your visitors? Is gonna be again regularly in order to investigate cross-check new posts

Posted by: best dating sites | November 20, 2014 at 11:52 PM

Hi there, I found your blog by way of Google even as looking for a similar matter, your site got here up, it seems to be great. I've bookmarked it in my google bookmarks. Hello there, just changed into alert to your blog through Google, and located that it is truly informative. I am going to watch out for brussels. I'll be grateful if you happen to proceed this in future. Lots of other folks will probably be benefited out of your writing. Cheers!

Posted by: best dating sites | December 21, 2014 at 03:02 AM

Every weekend i used to pay a quick visit this web site, for the reason that i wish for enjoyment, for the reason that this this site conations genuinely fastidious funny data too.

Posted by: best dating sites | December 27, 2014 at 07:14 PM

I got this site from my friend who shared with me about this website and now this time I am browsing this web page and reading very informative content here.

Posted by: best Dating sites | January 07, 2015 at 06:27 AM

I'm curious to find out what blog platform you're using? I'm having some minor security issues with my latest blog and I'd like to find something more safe. Do you have any recommendations? blogesaurus.com quest bars

Posted by: cheapest place to buy quest bars | January 21, 2015 at 04:29 PM

This is a topic that's close to my heart... Thank you! Where are your contact details though?

Posted by: free music downloads | February 18, 2015 at 05:59 AM

Hi there, I enjoy reading through your post. I wanted to write a little comment to support you.

Posted by: download music online | February 26, 2015 at 02:11 PM

It's awesome for me to have a web site, which is good in support of my experience. thanks admin

Posted by: mujeres bonita de colombia | April 08, 2015 at 08:38 PM

I've learn several good stuff here. Definitely worth bookmarking for revisiting. I surprise how so much attempt you place to make any such magnificent informative web site.

Posted by: minecraft games | April 09, 2015 at 01:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/14033681

Listed below are links to weblogs that reference 4つの美術展、はしごして。:

» Alprazolam. [Alprazolam.]
Alprazolam. [Read More]

Tracked on July 14, 2007 at 07:51 PM

« 都路華香展&横山大観「生々流転」 | Main | 心にナイフをしのばせて »