« ヘドウィグ&アンングリーインチ | Main | 4つの美術展、はしごして。 »

February 18, 2007

都路華香展&横山大観「生々流転」

「都路華香展」 国立近代美術館 明治3年生 昭和6年没 京都を代表する近代画家

画家のお名前も知らず、新聞の展覧会紹介の記事についていたモノクロの小さい写真の絵にひかれて、竹橋へ。

日本画をあまり見てこなかったので、若仲も藤田嗣治も、今ごろ知る始末。都路華香さんも、私にとっては初めて知る画家です。文楽や歌舞伎、狂言も同じですが、日本の美意識の世界はすごい。足してゆく美ではなく、引いていって現れる精神性。これは、インドの哲学やギリシアの修辞学、ローマの法意識に匹敵する際立った才能ではないでしょうか。

ですから、絹の上に描かれた微妙な色彩と線をガラス越しに見させないでください。京都国立近代美術館から出展されている作品だけはガラスなしで、その違いが心に痛いほど分かりました。
優れた絵はわたしを向こう側の世界に入れてくれます。ガラスは向こう側へ行く邪魔をします。

日本画や仏像は展覧会場で見るべきものではなく、静謐で調和のとれた空間の中にあってこそ。
広い玄関、高い吹き抜け、艶やかな廊下、低い天井の細工、障子越しの光、ほのかに輝く調度品の金箔、たたみの柔らかい照り返し、灯りのない部屋にすわってのぞく翠の庭。
都路華香さんの絵を見ていると、つぎつぎに絵がいるべき空間が浮かびます。
美しい空間をひきしめる一幅の絵。

「水底遊魚」は水の底から見上げる魚のくねりも美しく、かすかに水の匂いもします。
そして魔法が隠されていました。絵を前にしてしゃがみ、下から魚を見上げたとき。鱗一枚一枚が、白くキラキラと光りはじめるではありませんか。あれは絵の具の魔法なのでしょうか。あの絵の秘密を、私だけが知ってしまいました。キラキラと光る鱗。幸せでした。

「村雨松風」左隻。一面の水面。金の光を浴びて海が発光する夕凪の一瞬。ずっと右奥に離れて見ると、突然、水平線まで一斉にさざ波がゆれるのです。
「浜千鳥」 水面近くを羽ばたいて飛ぶ小さな2羽の鳥。泡立つ波のさわさわする音まで描かれている海の絵を初めて見ました。
「雪中水禽図」 掛け軸の絵で、こんなに色とりどりにかわいらしくきれいな絵は、ないでしょう。鴨の頭の翠、嘴と胴の茶、腹の黄緑、撒き上がり舞い散る雪の粉。そのまま反物にしてしまいたい。

さて、すっかり幸せな心持ちで、心の中で何点もの絵に(お買いあげ~・・・・が、本当に出来たらなぁ)とつぶやきながら、出口をでて併設されていた「横山大観」特設会場へ。

暗い細長い部屋に長い長い陳列ガラスケース。その中に、おー。横山大観の「生々流転」。長さ40メートルの巻きものではないですか。

山奥で生まれた小さな水の流れが、針葉林の山をくぐり里によりそい海へそそぎ、遙か海上で竜になる。素晴らしかった。華香展で(お買いあげ)した作品を全部手放してしまってもこの1点(華香さんごめんね)。

鹿の声は雪に吸い込まれている。木々がしんと屹立する。逆巻く水の響きあい。
里に降りた水はサギの足下に白く明るく広がっている。見つめると、サギが飛び立つ。
浜に漁師の声が沸き、水は海の彼方へ彼方へ、竜の胸へ。素晴らしかった。ひとりでいつまでもいつまでもそこにいたい、のぞき込んでいたい、世界でした。

会場をでて地下鉄に乗って、見てきたばかりの絵を頭の中で反芻して、ふと、自分が「生々流転」の世界に入っていることに気づきました。あまりにも自然にあちらの世界にいて、あちらにいるまま地下鉄に乗っていたのです。

空間を生かす華香の絵。
ほかのなにものにも拠らず、ただ描かれているそのものだけで、あちらの世界へ入ってしまう大観の絵。

日本の美意識は深い精神の世界です。眼福の一日でした。

|

« ヘドウィグ&アンングリーインチ | Main | 4つの美術展、はしごして。 »

Comments

Hi there! This post could not be written any better! Reading through this post reminds me of my previous room mate! He always kept talking about this. I will forward this post to him. Fairly certain he will have a good read. Thanks for sharing!

Posted by: best dating sites | January 17, 2015 at 07:00 AM

I like looking through an article that will make men and women think. Also, thank you for allowing for me to comment! blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: quest protein bar stockists sydney | January 23, 2015 at 07:37 AM

I like the valuable information you provide in your articles. I'll bookmark your weblog and check again here regularly. I am quite sure I'll learn lots of new stuff right here! Best of luck for the next!

Posted by: free music downloads | February 18, 2015 at 08:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/13952496

Listed below are links to weblogs that reference 都路華香展&横山大観「生々流転」:

« ヘドウィグ&アンングリーインチ | Main | 4つの美術展、はしごして。 »