« 阿国 | Main | ハゲタカ »

March 25, 2007

蓮絲恋慕曼陀羅

国立劇場40周年記念 歌舞伎脚本入選作 板東玉三郎 演出。

オークションでやっと落としたチケット。
仕事を机上に山と残し、国立劇場へ走る。開演3分前。ロビーでコンビニおにぎりをほおばって。

6列目正面に座る。前の人が邪魔が舞台中央が見づらい。桟敷の感覚でつくっている劇場なのでしょうか。イス席では傾斜やイスの配置に工夫が必要です。劇場をつくるプロ、お願いします!

大道具はなし。淡い色の照明と左右に3枚ずつの大きな引き壁が、場面に変化を付けます。
役者、舞台美術、衣装、どれも整然と清らかで、日本画のよう。
水彩絵の具の淡い緑や水色、ピンクや橙を、薄く合わせたような美しさ。

市川段治郎さん。きれいな役者さんです。玉三郎演じる姉に盲執する弟も、この人がやるとドロドロしない。
しかし、怖さが見えなかった。怖さが際立たないと、哀れさもにじまない。難しいところです。
最後に二役で出てきた蓮介の方が、この人のさわやかさと明るさに合っていて、気持ちがよかった。

右近さんの後妻(継母)ぶり、息子への盲愛ぶりも破綻がなくきれい。

初瀬姫を守り通す乳母の笑三郎さん、姉弟の父に門之助さん、初瀬姫を殺すことの出来ない嘉藤太の猿也さん・・・どなたも、声も若くて体の線もきれいで、役者はこうでなくっちゃ。
カテコで役者さんたちがずらりと並んだところは圧巻でした。これだけ端正な役者がそろって並ぶと、迫力がありますね。

しかし、
この舞台は歌舞伎ではなく、現代演劇でもなく、力のある歌舞伎役者による科白劇でした。
それなのに、肝心の科白が説明の科白。そんなに説明しなくていいのに!

疾走感、躍動感、リズム、テンポが、まったく感じられなかった。
とてもきれいな役者さんたちが、ごく目の前で、物語を進めている。それなのに、寝てしまいました。

歌舞伎には無駄がないと亀治郎さんが言っていました。
この作品は、科白に説明がありすぎました。説明の台詞は、想像力を働かさせない。かえって邪魔です。
その一方で、静物画の美しさを追求する演出は、動きをそぎおとていました。しかし、そのために、エンターテイメントに不可欠な動きの驚きがなくなってしまった。無駄な動きをさせないのではなく、必要な動きが現れなかった。だから、残酷な言い方ですが、どのシーンも退屈になっていました。あれほど美しい役者さんたちの、美しい芝居だったのに。

きれいな舞台だったのに、入り込めなかった。残念です。

|

« 阿国 | Main | ハゲタカ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83948/14373185

Listed below are links to weblogs that reference 蓮絲恋慕曼陀羅:

« 阿国 | Main | ハゲタカ »