« 大銀座落語祭 初日 | Main | キャラメルボックス  カレッジオブウィンド »

July 17, 2007

十二夜 ニナガワ歌舞伎 歌舞伎座

おけぴでチケット入手。3階東1列。舞台は上手を見切るが、花道を正面に見下ろし人の頭も邪魔にならない、お気に入りの席。

ニナガワ演出には正直魅力を感じなくなっていた。それでもチケットを手に入れたのは、役者を味わいたかったから。菊之助と亀治郎を見たくて。
芝居は4時間を超えた。休憩が3回入るとは言え、長い。体調が良くない身にはこの長さは辛いはず。しかし、面白かった。楽しくて飽きなかったから、ほとんど辛さを感じなかった。

お目当ての菊之助は大正解!
琵琶姫という少女が、故あって小姓の姿になり、仕えた主人の左大臣に恋をしてしまう。しかし、男(獅子丸)の姿をした彼女(琵琶姫)は、自分の心を隠し、主人の恋の成就のために織笛姫との橋渡しをする。ところがその織笛姫が左大臣ではなくて男の姿をした自分(獅子丸)に恋してしまう。
男性が演じても女性が演じても難しい役だ。下手するとただの男女混乱の下世話な笑いになってしまう。

それを、菊之助はこの役のために菊がいる、と思えるほど、完璧に演じて、琵琶姫の心の美しさを見せてくれた。

獅子丸の姿をから、琵琶姫の心が、漏れる。
閉じた扉から微かな灯りがこぼれるように。
そのさまが、かわいくて、観客はみな、獅子丸の中の琵琶姫の心の味方になる。想いを秘める娘の姿に、いたいけで立派な覚悟さえ見える。
立ち役と女形の両方を演じる菊之助の、芸と人物への理解が深いのだと思う。4時間の長いお話を飽きさせなかった最大の功労者です。二層、三層構造の主人公を完全に自分のものにして、周囲がどたばた喜劇を演じる中、ひとり、恋の一途さをぶれずに見せた。

もう一人の功労者は、亀治郎。
まわりでおきるドタバタ喜劇の部分をしょってたち、饒舌な科白をひとことも飽きさせなかった。
人生のすいも辛いも知る女が、男たちを動かして、えらそうな勘違い男に仕返しをする。仕草のひとつひとつが圧倒的にうまい。観ている者がどう楽しむか計算し尽くした芸に脱帽。男たちを思いのままに動かして悪いいたずらをする女なのに、ひたすら小気味よく、完全に感情移入してしまう。見ていて気持ちよいとはこういう芝居です。

この二人を見に行ったので、ここまででも大満足。見たかったものが期待以上だったから、もうそれだけで満足なのに、そのうえ、シェークスピアの罠いっぱいの脚本に歌舞伎役者の芸がガチンコ勝負で挑み、見事、歌舞伎役者の勝ち!おつりがきました。きっとシェークスピアも満足している。

照明が映えて、歌舞伎ならではの三味線や笛太鼓に加えて、チェンバロの音。
そのなかで、歌舞伎役者の様式の、高さ低さ浅さ深さ奥行きを堪能した。滑稽を演じて左団次、翫雀、うまい。いつものお約束の歌舞伎を少しだけ越える芝居をご自分でも楽しんでいるよう。そして、菊五郎、阿呆な利口者の坊太夫と利口な阿呆の捨助との二役で、「表と裏」を語る作者の意図をきっちり見せる。段四郎や権十郎の格調高い人情、錦之助や時蔵の際が光る立ち居振る舞い。芝居が無用の混乱で破綻しなかったのは、この方たちが、人物をそれぞれにくっきりと映しだしてくれたたまものと思う。

シェークスピアの怖さとおもしろさ。演じるものが、芸の力と人への理解で、「人間の普遍的な内面」にどこまで迫れるか。その答えのひとつのように感じた。歌舞伎役者にシェークスピアの楽しさを教えてもらって、心から感謝です。

ただ、どうしても、苦痛だったこと。
たぶん、演出家が満を持してぶつけてきた鏡張りの背景は邪魔だった。

たしかにシェークスピアは科白の中で「鏡」といっている。けれど、それは女であって男の姿をした獅子丸が、人の真実の姿を映す鏡になった、という意味だと思う。菊之助の芝居は十分に最も重要なその科白に応えていた。物体としての鏡は、屋上屋を架す、芝居の蛇足でしかない。

シェークスピアの時代は男が女を演じていた。だから、喜劇の中で男と女が軽々と入れ替わる。
しかし、それは観客を笑わせるためだけのものではない。
劇中の人間がだまされているその姿を観客に見せつけながら、シェークスピアが見せようとしているものがある。

人間は人間たちの中で生きるしかない。そして、たがいに、嘘や意地悪やごまかしや憎悪、愛や愛しさや誠実、哀しみやみじめさを、人から感じ、人に感じさせている。
シェークスピアは、日常が破綻した状況を設定して、混乱のなかで、登場人物たちが隠している真実の内面が暴露されてゆく姿を、観客に見せつけるのだ。隠していても、無駄ですよ!と。

舞台の上の人物が鏡になるとき、実物の鏡は無用だ。それを、唯一理解していない人が演出家だったように思う。どの役者の演技も、高度に洗練されていたから、下手な象徴的大道具は不要だった。観客はそれほど馬鹿じゃないと思う。

そもそも、役者に集中したい観客にとって、鏡に映った観客席(自分たち)を見せられるほど、邪魔で苦痛なことはないです。

|

« 大銀座落語祭 初日 | Main | キャラメルボックス  カレッジオブウィンド »

Comments

I know this if off topic but I'm looking into starting my own blog and was curious what all is required to get set up? I'm assuming having a blog like yours would cost a pretty penny? I'm not very internet savvy so I'm not 100% certain. Any tips or advice would be greatly appreciated. Appreciate it

Posted by: best dating sites | November 21, 2014 at 10:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大銀座落語祭 初日 | Main | キャラメルボックス  カレッジオブウィンド »