« ヴェニス 3rd | Main | 歌舞伎の幸せ  十月大歌舞伎 »

September 29, 2007

ラマンチャの男

2007年 9月24日 夜 青山劇場。

セルバンテスをチョ・スンウ、アルドンサをユン・ゴンジュ。韓国のミュージカルです。

チョ・スンウさま。
次の日の、幸福な朝を、ありがとうございました。
食事を作り山手線に乗り渋谷の桜坂をのぼるわたしの中に、「見果てぬ夢」が満ち続けていました。
「見果てぬ夢」とは、「見続けて終わることのない夢」ということでしょうか。
それよりももっと強く、「終えなくても良い夢」と、あなたに言われているようでした。
濁りなく明るい志(こころざし)がメロディーになって、わたしはその音色にすっぽりとくるまって、何かしらうまく形容はできないけれど勇気をにぎって、仕事に向かう坂道を歩いたのでした。

坂を上りながら、
体は透明な壁の向こう側、世の中とよばれているところにあるのですが、
意識は、
自分が存在しているという意識は、見果てぬ夢が流れるこちら側の世界にあるのでした。

やがて仕事をしているうちに、意識もこちら側から体がいるあちら側にスライドし、ラマンチャの残像は消えていきましたが、メロディーは凝縮してガラス玉のように固くなって、わたしの心臓の下のあたりに埋まっているでのした。
輝いていたのは、ドンキホーテ=セルバンテス=チョ・スンウの、キラキラキラキラ光を射たあの目だったとおもいます。

ブロードウェイミュージカルの大半が、ダンスと歌がメインで、ストーリーはそのつなぎでしかないのかもしれないし、ダンスと歌がくりだす圧倒的な渦に観客は酔うのかもしれない。それもまた、エンターテイメントとしてはステキだと思います。でも、チョ・スンウのミュージカルには、ダンスや歌の前にメッセージがあって、人のもつ思いが歌になってあふれてくる。それが、次の日の幸福な朝まで続くのです。

「ラマンチャの男」は、時代に取り残されたドンキホーテのあわれな話ではありません。ドンキホーテを語るセルバンテスの物語です。教会の宗教裁判を待つ牢獄で、彼を待つ重い大きな鉄鈎のような力に向かって、夢の力だけで闘おうとするセルバンテスの、「物語の力」を問う物語です。
人が心にもつ夢は、人々が現実と呼ぶ世界にうち勝つ力を持つ。
もちろん、セルバンテスを待つ現実の運命は「ひあぶり」なのかもしれません。
しかし、牢獄のボスがセルバンテスに「無罪」(「これは火あぶりではない」)と宣言し、地下牢の囚人たちが地上の法廷に向かうセルバンテスを「見果てぬ夢」の合唱で送るとき、彼は人々の心が住む世界で、すでに勝利を勝ち取っているのです。

ミュージカルは楽しい。メッセージが明確にうつくしければ美しいほど、楽しいです。


ここでおわりたいけれど、でも、
射るような光が舞台の上から観客席に放たれて、それは、見事としか言いようがなく、私はその光に打たれていたけれど、
それなのに私は、本当は、悔しくて仕方がなかった。
歌が上手く、演技が上手く、観客を支配する彼のようなミュージカル俳優が、日本にいないことに? 
いえ、悔しくて仕方がなかったのは、わたしが「ロープ」や「ベニス」の竜也に求めていたことを、チョ・スンウがしていたからでした。あの、セルバンテスとドンキホーテの落差のあるみごとな変化。夢と現実のくっきりとした色の違い。あれは、チョ・スンウだからできる彼の持ち味なのだと思いつつも・・・。
舞台の神が降り立つ姿を、もうずいぶん見ていない気がして。

|

« ヴェニス 3rd | Main | 歌舞伎の幸せ  十月大歌舞伎 »

Comments

My programmer is trying to convince me to move to .net from PHP. I have always disliked the idea because of the expenses. But he's tryiong none the less. I've been using Movable-type on various websites for about a year and am concerned about switching to another platform. I have heard fantastic things about blogengine.net. Is there a way I can transfer all my wordpress posts into it? Any help would be greatly appreciated!

Posted by: best dating sites | November 03, 2014 at 05:53 AM

If some one wishes to be updated with newest technologies therefore he must be pay a quick visit this web site and be up to date everyday.

Posted by: best dating sites | November 15, 2014 at 05:55 AM

I blog frequently and I truly thank you for your content. Your article has truly peaked my interest. I am going to take a note of your blog and keep checking for new information about once per week. I subscribed to your Feed as well.

Posted by: best Dating sites | November 19, 2014 at 07:36 AM

I've been surfing online more than 3 hours today, yet I never found any interesting article like yours. It is pretty worth enough for me. In my opinion, if all website owners and bloggers made good content as you did, the web will be much more useful than ever before.

Posted by: best dating sites | December 19, 2014 at 04:16 AM

I pay a visit each day a few websites and blogs to read articles, except this blog provides feature based content.

Posted by: best dating sites | December 24, 2014 at 01:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヴェニス 3rd | Main | 歌舞伎の幸せ  十月大歌舞伎 »