« 万作を見る幸せ | Main | 緒方拳 一人舞台 白野 »

October 28, 2007

鶴瓶 らくだ

2007年 10月28日 歌舞伎座

大銀座落語祭で配られたちらしを見て、勢いでとった、TVでおなじみの鶴瓶さんの大ネタ。勢いをつけるだけの力が、大銀座落語祭(ザニュースペーパー・上方三師匠・志の輔さん)の演目にはありましたもの。古典の大ネタ、聞いてみたかったし。しかし、冷静さがたりなかった。
チケットが届きました。8000円の1等席が、歌舞伎座3階の4列目。目を疑ったです。
大歌舞伎だってこの席は4200円です。落語ですよ。志の輔さんのパルコ寄席だって、5500円です。
勘違いしているチケットの価格設定。はぁ。どんな劇場を選ぶか、チケット代をいくらにするか、そんなことにも、舞台や作品への、自分の芸への、思いが現れると思います。う・・・ん。

不思議な感じの客席でした。鶴瓶さんの幅広い年齢層への人気を語る老若男女さまざまが、「落語を聴きに来た」のではなくて、「鶴瓶を見に来た」感じの、雑然とした軽さ。あまり落語聴いたことないような、少なくとも緊張感のまったくないロビー。

たったままのしゃべりはTVのひょうきんそのまま。満席のお客さんを驚かせ楽しませる大仕掛けの「さよなら鶴瓶さん」の葬式の祭壇。お客さんは多少居心地の悪さも含みながらよく笑い。最初の私落語「青木先生」「母と息子の5勝5敗1ノーゲーム」は面白かったです。自分の話をそのままネタに出来る、もって生まれたお笑いの才能で満座の観客も楽しんで。
これは、ひょっとしたら、拾いものだったかも、と思って始まった本編「らくだ」でした。

噺が終わって最後に、ご本人が「もっと芸を磨いてまたやりたい」ということを言っていましたが、ぜひそうしてください。今回は、長い間きちんと高座で鍛えてこなかったツケが大きかったように思います。マイクに向かってばかりしゃべっていると、言葉の明瞭さが鍛えられないのでしょうか。帰りしな、関西言葉だから聞き取りにくかったのかしら、と、後ろを歩くご婦人が連れに言っていましたが、違うと思います。7月に銀座で聴いたざこば師匠も南光師匠も、今日の鶴瓶さんよりずっとこなれた上方の言葉で、一言も分からないところはありませんでした。今日の鶴瓶さん、カツゼツが悪すぎて、一番大事な啖呵がほとんど聞き取れなかったです。

らくだ、もっと面白くて怖い噺なのだと思うのです。死人のカンカン踊りは怖いけど面白い。面白くて怖い。小心、真面目、臆病、けち、強面、虚勢、間抜け、そんな人間の姿をかき回して面白がらせる噺だと思うのです。

会場で配られた今日の演目のちらしに、「むずかしい大ネタ」だとありました。観客を飽かさず聴かせただけでも合格点なのでしょう。だけど、演じ手の力量の足りないところをショー的な演出で補ってるのが、かえって過保護で寂しかったです。ちらしに、演出にTV界の奇才を起用した2時間の大エンターテイメントとありました。確かにその通りの楽しめる仕上がりでした。でも、TVのシューの公開録画と知っていたら、8000円のチケットは買わなかったな。

 

|

« 万作を見る幸せ | Main | 緒方拳 一人舞台 白野 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 万作を見る幸せ | Main | 緒方拳 一人舞台 白野 »