« ビューティークイーン オブ リナーン | Main | 寿初春歌舞伎 歌舞伎座 »

December 27, 2007

野田マップ キル

12月22日 コクーン マチネ

1年前の竜也のロープに続いて、妻夫木くんのキル。
宮沢りえさんに続いて、広末涼子。

コクーンの中二階サイドブロックは、こないだカリギュラで頑張った立ち見席の前だった。舞台の3分の1近く見切る席がS席なのかなぁ。強気な商売しているなぁ。そりゃ座れてるんだから、立ち見とは違うけど、前の手すりが邪魔になってるよー!これで1万円。立ち見席の3倍の値段。観劇の値段て、品質とはあまりにも関係ない売り手値段。今どきっ。

レインマン、欲望、カリギュラ、ビューティークイーン、と脚本の力に感じ入る作品が続いたところで、野田さんの代表作のひとつ。

モンゴルのチンギズハンの野望の「切る」と、ファッション業界の風雲児の「着る」、ファッションとファッショ、征服と制服。全編野田さんの言葉遊びの多重構造。後半は生命の連なりへの明るい賛歌的ラストに向かって一気に走る。

今日は気楽に楽しむつもりだったので、想定通り。
妻夫木くんがどうかなって思って買ったチケット、結論は「妻夫木くんはテレビや映画の方が断然良い」です。
声に伸びがなかったのは、喉をつぶしたせいかもともとなのかわからないけど、舞台に立って大きく見えないのは致命的。
逆に広末涼子ちゃんは、舞台の方が綺麗に見える女優さんなのね。

妻夫木くんが舞台で大きく見えなかった理由はわからない。ともかく、この作品の主人公に荒々しい野生がないと、物語が拡散してしまう。その結果、なんと、勝村政信さんが主人公に見えちゃった。勝村さんの演技の振幅を楽しみました。

野田さんの演劇は「メッセージをわかりやすく」なのかな。人間を描くのではなく、場面を描く。または状況を描く。
欲望やビューティークイーンのあとでは、いかにも「にんげん」が薄かった。けれどこれは作風の違い。約束された娯楽という点では、観客は楽しんでいたと思います。

|

« ビューティークイーン オブ リナーン | Main | 寿初春歌舞伎 歌舞伎座 »

Comments

Hello there! This is my 1st comment here so I just wanted to give a quick shout out and tell you I truly enjoy reading your blog posts. Can you recommend any other blogs/websites/forums that deal with the same topics? Thanks for your time!

Posted by: best dating sites | January 06, 2015 at 07:36 AM

Way cool! Some very valid points! I appreciate you writing this post and also the rest of the website is very good.

Posted by: best dating sites | January 13, 2015 at 11:12 AM

My partner and I stumbled over here different website and thought I might as well check things out. I like what I see so now i'm following you. Look forward to finding out about your web page yet again.

Posted by: Quest Bars | February 07, 2015 at 09:31 AM

Hey there, I think your site might be having browser compatibility issues. When I look at your website in Firefox, it looks fine but when opening in Internet Explorer, it has some overlapping. I just wanted to give you a quick heads up! Other then that, terrific blog!

Posted by: free music downloads | February 16, 2015 at 02:26 PM

When someone writes an article he/she keeps the image of a user in his/her brain that how a user can be aware of it. So that's why this article is outstdanding. Thanks!

Posted by: free music downloads | February 20, 2015 at 12:49 PM

It's a shame you don't have a donate button! I'd without a doubt donate to this fantastic blog! I suppose for now i'll settle for book-marking and adding your RSS feed to my Google account. I look forward to brand new updates and will talk about this blog with my Facebook group. Chat soon!

Posted by: Quest Bars cheap | March 01, 2015 at 11:05 PM

I think the admin of this web page is actually working hard for his website, as here every stuff is quality based material.

Posted by: quest bar retailers uk | March 21, 2015 at 08:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ビューティークイーン オブ リナーン | Main | 寿初春歌舞伎 歌舞伎座 »