« 十二月大歌舞伎 夜の部 | Main | 野田マップ キル »

December 27, 2007

ビューティークイーン オブ リナーン

12月15日 パルコ劇場 マチネ

大竹しのぶ&白石加代子。
「でたな妖怪」二大女優のがっぷり四つガチンコ勝負。
さすが、さすが、さすがです。役者が期待を裏切らない。これが芝居の一番の醍醐味です。
怖いのにこんなに楽しく仕上げたのは、演出家長塚たかしさんの目と女優ふたりの役者の妙味でしょうか。

アイルランドの小さい村の、閉塞と絶望。
未来に何の希望もないということが、こんなにも怖い。切ないとか哀しいとかの日本的な情緒が入り込めない荒涼とした寒さ。雨ばかり降る緑の島に、少しの潤いもない。

老女マグと老女の世話のために独身のまま40歳を越えた娘モーリーン。偏屈変人女ふたりきりの生活。
娘の不幸の原因は我が儘な母・・・・・そう見せて、実はそうではない。そこにこの戯曲のすごさがある。

娘は、リナーンの村一番の美人ビューティークイーンだった。
今も、彼女は幼なじみが恋するほどに美しい。一夜のドレスを着れば、自分もそれを思い出せるほどに。
今までも今も、彼女は言葉の端に理屈の言葉が出る。
-アイルランドの貧しさの理由は何?-お母さんが綺麗な白い服を着てお棺の中にいるの。夢よ。白昼夢だけど。-
おりふし本を読む女。感情よりも知性を知っている女。だから、妹ふたりが平然と母を捨てて自分の幸福を持っても、彼女はそうできなかったのだ。

美しくかしこい女。
彼女が不幸になったのは、彼女が、醜かったからでも馬鹿だったからでもない。その逆だったからだ。

圧巻は、母親が娘の恋人に、娘が精神病院にいたことをばらすシーン。
モーリーンはかつて出稼ぎに行ったイングランドで、汚いアイルランドとののしられ、傷つき病気になっていた。
きちがい病院。その言葉がモーリーン自身の(大竹しのぶの)口から叫ぶように出る。
モーリーンの傷口がぱっくりと開いて、そこから、新しい血が流れだしている。痛くて、悲鳴が今も続くようだった。
そのうしろで、母親マグ(白石加代子)は、「私があそこから出してやったのよ」と病院の証明書を振り回す。
因習と偏見が幾層にも固まっている島の、やっかみと残酷な復讐心、それが母を小躍りさせていた。

今も美しく今も知的に見えるモーリーンの、母へのおぞましい暴行。
大竹しのぶは陰惨な暴行を乾いて演じてくれた。
誰にでも起きる可能性のある人間の心の淵をのぞき込むようだった。
もしも、あんな世界にたったひとりですてられてしまったら。

アイルランド。
そして、世界。

女が知性も美しさも許されない世界で、彼女たちは狂気にしか行き着くことが出来なかった。

怖いお話です。怖かったけれど、楽しかった。

暗く不幸な物語なのに、終始笑いが起きたのは、女優ふたりのえもいわれぬ味わいのためだと思います。
大竹しのぶの持つかわいげと、白石加代子さんのもつかわいらしさが、たえず観ている私を正気=人間の本性に返らせてくれて、母子の愛情なんてもので言い訳をしない骨格のしっかりした物語になっていました。これは、演出家のお手柄もあるのでしょうか。
大竹しのぶさんは観客をふいにモーリーンの夢想の世界へ連れてゆくし、白石加代子さんは実に丁寧な語り口で嫌な婆さんも人間だって思出させてくれました。
意地悪で残酷な仕打ちの泥仕合を、人間て、ばかだなあと、なんだかそれで救われる思いになったのでした。

パドの田中哲司さんは怪女優ふたりにはさまれて、まったく負けない存在でした。出過ぎず消えず。絶妙。
黒田くん病気のため急遽長塚さん自身が演じたレイは、ちょっと年齢上無理がありました。自分のことだけに夢中な若者の軽さを演じるのに、少々過剰さがでてしまっていました。(これだけが残念。)

2時間半。お芝居をたっぷり観た満足感をありがとうございました。
戯曲のことばがひとつも無意味に流れない、実に心地よいフルコースのフレンチのような満足感でした。

良い戯曲、それを引き出す演出家と腕のある役者がいれば、芝居はこんなに楽しい!

今年は最後まで、「おみごとパルコ劇場」でした。

|

« 十二月大歌舞伎 夜の部 | Main | 野田マップ キル »

Comments

It's very easy to find out any topic on net as compared to books, as I found this post at this site.

Posted by: best dating sites | November 20, 2014 at 10:09 PM

Do you mind if I quote a few of your posts as long as I provide credit and sources back to your webpage? My website is in the very same niche as yours and my visitors would truly benefit from some of the information you provide here. Please let me know if this alright with you. Thanks a lot!

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 12:15 AM

Very energetic blog, I loved that bit. Will there be a part 2?

Posted by: best dating sites | November 24, 2014 at 12:04 PM

Good day! This is kind of off topic but I need some guidance from an established blog. Is it difficult to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty fast. I'm thinking about setting up my own but I'm not sure where to start. Do you have any ideas or suggestions? Thanks

Posted by: free music downloads | February 17, 2015 at 07:11 PM

Hello! I could have sworn I've been to this website before but after looking at many of the articles I realized it's new to me. Regardless, I'm certainly delighted I discovered it and I'll be bookmarking it and checking back often!

Posted by: match.com reviews | April 09, 2015 at 05:28 AM

Wonderful site you have here but I was curious about if you knew of any forums that cover the same topics discussed in this article? I'd really love to be a part of online community where I can get opinions from other experienced individuals that share the same interest. If you have any recommendations, please let me know. Cheers!

Posted by: minecraft games | May 06, 2015 at 05:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 十二月大歌舞伎 夜の部 | Main | 野田マップ キル »