« 新春浅草歌舞伎 | Main | リア王 »

January 29, 2008

志の輔パルコ寄席

2008年 1月 19日 日曜日 14:00

1年に1度のパルコ寄席。本日のお題は 異議なし! 富くじ 歓喜の歌 の3本。

志の輔さんの落語になぜこうも惹かれるのか、朝日新聞の記事にあった一つの言葉でわかった。
「反骨精神」 ああそういえばそういう言葉があったっけ。きっと私の中では、ずいぶん前に死語になっていたのだ。落語にはそれがあった。権威や権力や金の力に押しつぶされる市井の人間が持っていた、普通のまっとうな感覚。それが前面に出るのではなく、通奏低音のように流れている物語たち。去年の鶴瓶のらくだがものたちなかった理由はこれだった。

志の輔さんの落語を好きなのがそういう理由なら、今回の 異議なし や 富くじ がちょっと物語として物足りなかったのも無理はない。中村仲蔵や柳田格之進がすてきだったのもわかる。

歓喜の歌は昨年のリベンジで全編聴けてよかった。

世間で馬鹿にされている「おばさん」たちの「当たり前の真剣」に光を当ててくれてありがとうございました。
普通のおばさんの当たり前の一生懸命、それも、すでに死滅しつつある・・・と思いつつ聴いたので、少々痛かった。人は他人の真剣を知らないだけで、馬鹿にして見下してかかる。でも、知ったときに、それに心打たれて変われるとしたら、現代のメルヘンではあります。あきらめることなく、それを噺にする姿勢こそ、志の輔さんの反骨だと、思いました。私も、諦めるのはよそう、と、諦めることをやめようと、今年はそう心に決めて会場を出ました。

|

« 新春浅草歌舞伎 | Main | リア王 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新春浅草歌舞伎 | Main | リア王 »