« リア王 | Main | 人間合格 »

February 15, 2008

文楽 2月公演 冥土の飛脚

国立劇場。文楽 近松の封印切り。

この浄瑠璃から、歌舞伎へ、歌舞伎から、太地ヒラミキのふたりを蜷川幸雄が演出した「近松心中物語」へ。

ヒラミキの舞台から逆に見てしまったわけですが、それはそれで、興味深かった。
文楽の忠平は若さゆえの間違いから太夫に入れあげ店の金に手を出した、とんでもない阿呆。しかも、封印を切ってしまうのも、梅川のためというよりも、自分の見栄はりのため。やれやれ。文楽が江戸時代、今のワイドショーの代わりになっていたんだなあと、妙なところで納得しました。

お話はそんなものだったのですが、人形が素晴らしかった。3回目の文楽で、一番人形を堪能しました。
梅川に会いに行こうか止めとこか、お堀の脇の柳端の道で逡巡する忠平の可愛い動き。
梅川を引きずるように手を引いてゆく忠平。
圧巻はかむろのお三味線。実際のお三味線の横で、かむろの人形がひく三味線芸の見事さ。拍手が湧き、まるでシルクドソレイユの芸を思わせるものでした。

残念至極だったのは、3幕の内のかんじんの2幕封印切りの段の浄瑠璃が住太夫さんでなかったこと。
初日だったせいもあるのかもしれませんが、綱太夫さんの浄瑠璃は、お歳を感じさせてしまうものでした。
張りのない声が後ろの席まで届かずに聞き取りにくく、声が良くないと語りの内容もわからなくなります。
人形が良かっただけに、悔しく思いました。

|

« リア王 | Main | 人間合格 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リア王 | Main | 人間合格 »