« かもめ 千秋楽 | Main | ウーマンインブラック »

August 30, 2008

志の輔ひとり国立劇場と独演会

8月16日昼 お盆でオリンピック中継まっただ中で、国立劇場の大ホールを満員にしちゃうんだから、
志の輔さんはすごいわ。

プライベート演劇ともいえる落語をあの大きなハコの中で聞くことに、どきどき。

前座なし。志の輔さんだけで3本。
あの世に行ったひとが生まれ変わりの手続きをする噺。生まれ変わって志の輔さんになった。
三方一両損の噺。
そして、トリが中村仲蔵。歌舞伎の舞台で仲蔵さんの斧定九郎のはなし。

そうだよね、歌舞伎の舞台だもの、最初の出で回り舞台を使って、次の出でせり上がりを使って、
トリの出で花道使わないのは変だなと思ったの。
まくらをほとんどふらず、芸の家を継ぐはなしにすっと入る。
おぉ、、、中村仲蔵だ、その瞬間にそこは歌舞伎の舞台でありました。

歌舞伎の舞台で仲蔵さんの斧定九郎の姿を見て、幸せでした。

8月28日夜 中野駅から歩き「なかのゼロ」ホールへ。
独演会といっても前座あり。考えてみれば、前座がお客さんの前に出る場は必要で、前座から聞いて客も成長できるのだなと納得。
猿後家。実際にいたら困りものだけど、志の輔さんが演じると愛嬌があって。こういう人もいてもいいなぁ、なんて。

トリは柳田格之新。
2週間前に中村仲蔵で、今日は柳田格の進。この2本続けて聞けただけで、良い夏だった。
こんな人はもういない、こんな心情はもう消えて無くなった、そう思いながらも、

松田権六の蒔絵のお盆と同じなの。ある時に、こんなものを作った人がいた。そこにその作品があって、わたしは見る幸せを得た。それだけで良いような気がする。
真摯な心情がそのまま美しい作品になる。それをわたしは客席で見る。
なんだか、それだけで良いような気がした。

|

« かもめ 千秋楽 | Main | ウーマンインブラック »

Comments

It's great that you are getting ideas from this piece of writing as well as from our dialogue made at this time.

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 08:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« かもめ 千秋楽 | Main | ウーマンインブラック »