« September 2008 | Main | March 2009 »

February 2009

February 21, 2009

二月大歌舞伎 京鹿子二人娘道成寺

2009年 2月 19日 歌舞伎座昼の部

玉と菊 京鹿子二人娘道成寺

夢のような、と言う言葉は無意味です。
私は夢であのような場面を見たことはありませんし、決して見ることは出来ないとおもいます。
現実に、目の前に、玉三郎が舞っている。
それを越えるほどの空気も色も気も動きも、夢で見ることは出来ないでしょう。

玉三郎は舞いで人の魂を吸い込んでしまうのだと思います。
舞っている彼女(彼)は、人ではありません。
精なのだと思います。
あれは人ではない。狐か物の怪か神か巫女か、舞いそのものか。

劇場の空気が一心に研がれてゆき、玉さまと菊が釣り鐘の上に乗って登っていったあと、
ひかれた五色の幕とともに、高揚した声、漏れる吐息、傍らの人を見やる衣擦れがわきあがる、
劇場の幸せ。

安珍を恋い焦がれて蛇になった清姫が
あんなに美しいのは
その思いがただ哀しいからなのだと、
玉三郎の舞いは言っていました。

赤い振り袖、浅黄色、紫、黄色、夏黄昏の白。
衣装が玉三郎の舞いにうち従う女官たちのようでした。


菅原伝授手習鑑

我が子の首をを忠義のために切らせた松王丸の物語。そのそもそもの原因となったお話でした。

主君の常世親王と刈や姫の密かな恋を手助けした明るい出だしが、最後のあの悲劇にまでつきすすむのですか。これはすごい作劇です。三兄弟の父が子(桜)の切腹の介添えをし、親兄弟を裏切って主君についた悪役松王丸が、主君への忠義を越えて、親兄弟の繋がりを選んだからこその、松王丸の子殺しなのですから。

お話がつながって、納得。これは、通しでやればよいのにねぇ。

松王丸の染五郎は、せっかくの役をもらっていたけれど、もう少し、かな。勘太郎さんで見たいな。

他に文七元結
菊之助には色悪もやらせてみたいと思いました。綺麗な弟キャラですから。

| | Comments (0)

冬物語

2009年1月31日 彩の国芸術劇場。「冬物語」
蜷川シェークスピアで、はじめて泣きました。


シチリア王レオンティーズ 唐沢寿明
王妃ハーマイオニー 田中裕子
ボヘミア王ポリクシニーズ 横田栄司
ボヘミア王子フロリゼル 長谷川博己
羊飼いの娘パーディタ  田中裕子
衣装 小峰りりー

他の劇場で配られたチラシを見ていたものの、パスしていました。
4年前の「天保」の唐沢さんに今ひとつ惹かれなかったこと、
(新感線の「天保」上川くんには強く惹かれたのに)
一昨年パスした「コリオレイナス」を見た知人はひとこと「長かった」でしたし、
昨年の蜷川シェークスピア「リア王」は毛皮の衣装が重くて重くて、
石が降ってくるのも市川さんの「リチャード3世」と同じだなと思ってしまい、寂しかった。
「源内蛙合戦」は役者が気の毒になるほどの過剰な演出で、
要するに蜷川さんの舞台に飽きていたのです。

ところが、「冬物語」評判がよくて、その中身がまただまされてみたくなるもので、
千秋楽間近の舞台をみてきました。

「だまされて」よかった。

帰り道、すごく、すごく、すごく、うれしかったのです。
シェークスピアのために、
「冬物語」をこんなふうにしてくれた蜷川さんにも、唐沢さんにも、田中裕子さんにも、感謝したかった。
暖かい気持ちがあふれてきました。
そして、もしかしたら、誰よりもシェークスピアに、ありがとう、と言いたかった。

ハムレットを見て、マクベスを見て、リチャード三世を見て、
冬物語で、
ここにたどりつけたシェークスピアに会えた、それが、晴れ晴れとうれしかったのです。

あれほど憎みさげすんでいた女性と、シェークスピアは人生の末期に和解していたのですね。

男を邪悪の沼に引き込む魔女か、はたまた、女になる前に妖精として死ぬべき運命か、
女はただそのどちらかの存在?

いえ、女は、別のなにものかにもなりうる、と。別のなにものかでもあり得る、と。人として、どのようなものにでもなりうる、と。気高い魂が女性にも宿るのだし、人として、苦しみと清らかさの中で生きているのだ、と。

そしてまた、愛ゆえに愚かな沼に落ち込む男をも、許していたのですね。

男が迷い苦しむのは、男の心の鏡に映る自分の執着のためで、
その弱さは、強さを保とうとするゆえの、逃れられない運命ならば、
その哀しさは、許されてよい、と。

蜷川さんの年齢と、シェークスピアの年齢が共鳴したようにも思いました。
人は簡単に過ちを犯すし、それは取り返しがつかない喪失をもたらします。
それでも、長い年月の果てに、人は、人を許しうるところへたどり着けるのです。

赤の衣装、青の衣装が、ポンペイの壁画を思わせる背景に映えて美しく、蜷川さんにしてはシンプルな舞台装置。
大がかりな舞台装置も落下物もなくて、舞台の上に立つ人間から表出する感情に集中できました。

意味なく簡単に嫉妬に狂う王。唐沢さん、難しい役だったことでしょう。
一歩間違えば、とんでもなくつまらない人物になってしまうところだったと思うのです。
けれども、唐沢さんの王は醜い愚かな執着の中にもひとすじ清らかさがあって、
そこには、小さな疑念から孤独地獄におちて、おのれの執着の底なし沼にはまっていったさみしい男がいました。
科白も姿も表情も、少しの違和感も生まれる隙がありませんでした。

命よりも名誉を惜しむ気高い王妃を演じて、田中裕子さんも、素晴らしかった。
舞台より映像で、なにげなさを表現して味のある役者さんだとおもっていたけれど、
舞台で、あれほど力強いとは。
田中裕子さんの持っている凛とした強さと無垢なあどけなさが、
唐沢さんの王と対比されて、物語の輪郭がくっきりと見えたのでした。

二幕の少女を何の苦もなく演じているように見せる。すごい。
一歩間違えれば、女優の老いを感じてとんでもなく痛いいたたまれない舞台になっていたかもしれないと思うのです。
彼女以外に、この王妃は出来ないと思いました。

(歌舞伎の板の上なら、きっと、玉三郎にはできることでしょう)

それから、嬉しかったのは、長谷川博己くんの王子さま。

カリギュラで、注目した彼が、素敵にかっこいい王子さま役で、
おいしいフルコースの後に、最高のデザートが出てきたような幸福感。

TVで売れている今時のイケメン若いのを持ってこなかった蜷川さんに、感謝です。

不幸な誤解が解けた幸福を、舞台の上で、二重に味わったように思いました。
蜷川さんにも、唐沢さんにも、田中裕子さんにも。

再演があったら、また見に行きます!

| | Comments (4)

February 06, 2009

から騒ぎ

2008 10月14日 彩の国さいたま劇場は 雨模様の平日マチネでも 満席!

客席のお目当ては小出恵介くん。それに高橋一生くんかな。・・・あとは蜷川ファミリー。

幕が開けば、おお~、白い人体の山。

つくりもの感満載の裸体彫刻がデコレーションケーキスタイルで丸く庭園を取り囲む。
大理石風、ローマ彫刻風、ルネッサンス風、蜷川ワールド全開。
目を驚かせるのが大好きなこの方ならでは。
なにより「見て驚け!」って舞台がしゃべっている感じです。

お話はシェークスピア。彩の国のオールメールシリーズの「から騒ぎ」
今日は楽しかった。

昨年の「お気に召すまま」は、ジャニーズ系の成宮くんの女演が重くて、小栗くんの王子様風が軽くて、シェークスピアの男女取り違え物語で笑わすにはバランスが悪かった。

物語が単純な「から騒ぎ」は設定に取り違え悲喜劇を仕掛けた笑いはありません。
流行言葉でいうな、らべたな展開。
言葉遊びをたくさんまぜて、勧善懲悪と恋のめでたしめでたしのわかりやすいストーリーでお客さんを楽しませます。
饒舌な言葉遊びで笑いをとるのが無理とわかっている蜷川さんは、警備隊一行を徹底的にお笑いキャラクターにしたようです。あたまをぶったり裸にしたりのTVっぽい笑いにかえて、観客を楽しませていました。

そして笑いの主筋は、べたな物語のおかしさになりきってしまえる役者。
吉田鋼太郎さん、蹉川哲朗さん、長谷川博巳さん。
オレステスやカリギュラで見せた重厚な役とはうって変わって、本人たちは至って真面目なもののすこぶる軽い人物たち。そのなりきりぶりがうまい。
(こういうのって、竜也はできないな・・・)(こう思ってしまうわたしも可笑しい)

とくに、吉田さんは、こういう役の方が、実は好きでしょ。
長谷川さんのクローディオに愛のキスをするところなんか、すばらしい喜劇ぶり。
はじめのこの場面で、客席を全部をシェークスピアお笑い劇場にしてしまいました。
要所要所で吉田さんが締めて、ほとんど主役の存在感。

この存在感に対抗していたのは、高橋一生くん。愛らしい。勝ち気で美人で頭の良さに自信満々。女優がやったら、そうとう嫌な奴になるかもしれないベアトリス。高橋くんのベアトリスはかわいくて、不思議なことにけなげでもあった。
たくさんの言葉を見事にこなしているさまが、男に対抗して頑張る女のけなげさにをあらわしてくれたのかもしれない。なんだか、一生懸命のベアトリス。かわいらしかった。

月川悠貴くんは、私は女優というなりきりぶりが、この喜劇にぴったり。美和明宏さんの再来か。

何も考えずに楽しめる素敵な喜劇シェークスピアでした。

| | Comments (5)

青猫物語

9月20日 土曜日 マチネ

シアタークリエ

昨年こけら落としをした超一等地日比谷の劇場は
なんだか、デパートに入っているブランド店と同じだ。
天王洲の銀河劇場、赤坂のアクトシアター、日比谷のシアタークリエ。

綺麗に取り繕っている。
しかし、香りがしない。古い樹や石や紙から立つひっそりとした匂いも、
新しい布やガラスや灯りのはじける光沢の笑みも、なくて。

演劇を見る人の幸福にまるで無頓着にみえる。
映画館なら許容範囲かもしれない。「全国の駅前どこも同じ」
しかし、劇場では困る。高いチケット代には、劇場の空間の喜びも入っているはずだ。

舞台の幸福は、
ロビーからはじまり、ラストの照明がおちた闇で最高に高まり、世界を後にしてあるく階段で心の中に折り込まれてゆく。そういう、少し気高い幸福を、作り手は丸ごと大切にしているのではないのか。


どうも好きになれない劇場の雰囲気でも、先日の「宝塚ボーイズ」は楽しみました。
一昨年公表だった作品の再演と言うことで、再演もなるほど、と思いました。宝塚の劇場のお隣でかかったというのもほほえましかった。
わかりやすいお話に歌や踊りをまぶして、男の子たちの一生懸命をそのまま見せてくれました。


「青猫物語」は、駄目でした。
北村有紀哉くんを見たくて行きましたが。彼はそれなりに頑張っていたと思います。他の役者さんたちも同じです。役者さんたちが気の毒になってしまいました。しかし、作品としてつまらなすぎて。ひとつも心に残らなかった。この劇場、プロデューサーがいけないんじゃないかと、そんなことを感じてしまいました。

または、東宝という会社の体質かな。映画にも感じる「深みのなさ」。大衆エンターテイメントで稼ぐ、という姿勢なら、それならそれで、いいけれど、中規模の演劇は似合わないと思います。

| | Comments (3)

« September 2008 | Main | March 2009 »