« 三月大歌舞伎 元禄忠臣蔵 | Main | 四月大歌舞伎  吉田屋 »

March 22, 2009

川を越えて、森を抜けて

3月21日 本多劇場 マチネ 満員の観客。年齢層は50~60代が中心かな。

3月にカトケン、ハートウォーミングストーリーを楽しむ。風物詩となる。

アメリカのイタリア系家族。孫の青年とその父方、母方それぞれの二組の老夫婦。
そこに流れる暖かい家族の情を描く、
謎とかどんでん返しとかスピード感とかとは無縁の、暖かい物語です。
人生の幸せは、家族をつくることにある。そのたからかな宣言でもあります。

二組の老夫婦は毎日曜日教会へ行き、そのあと孫とともに食卓を囲みます。
ところが、その孫が、昇進の結果遠いシアトルへ行ってしまう。なんとか孫を行かせまいと祖父母によるお見合いが設定される。
歳をとって車の運転が心配な祖父、自分のことをしゃべるのが嬉しい祖父母、いつも何か食卓に出しごちそうをしたい祖母。孫のために教会のミサカードをもらってきては差し出す祖母。
それは、どこにでも見られる年寄りたちの姿です。
その姿に笑いながら、でも、
目の前の舞台の出来事には暖かく笑っていても、外の現実の世界では、それらは邪魔にされたり無視されたり嗤われたりしている。だとしたら、この小さな空間では暖かく守ろう・・・・もしかしたら、加藤健一さんはそこまで言いたいのかもしれない。

孫役の山本芳樹くん。
癖のない、素直な演技です。
昔のイタリアや日本やアメリカや世界中に当たり前にあた孫の姿です。
あまりの嫌みのなさに、その姿が今では絶滅品種だということを忘れそうでした。

そうです。絶滅品種なのです。

脚本はそれをごくさりげなく知らせています。

舞台に出てこない人々。祖父母からは息子娘であり、孫から見れば親。
時代を実際に動かしているその人々は、親を捨てていなくなってしまっている。息子と共に暮らしてさえいない。どこか都会で仕事を持ち、自分たちの生活をしているのです。

その息子、娘たちにひとことも怒りを持つこともなく、
ただ、孫には言うのです。「家族をつくり、家族を守ることが、最大の幸福、人生の目的のはずだ」と。

それでも、かつて、イタリアを去ることを自分に許した自分の父の偉さはわかっている。
だから、出発を伝える孫に向かって言葉を出せない祖父。加藤健一さんが舞台をぐいと引き締めていました。
カトケンはいつ見ても目の力が強くてきれい。声も、強くてきれい。

加藤健一さんは起伏の少ないハートウォーミングな物語にも、心地よい強さをもたせてくれます。

|

« 三月大歌舞伎 元禄忠臣蔵 | Main | 四月大歌舞伎  吉田屋 »

Comments

Howdy! I just would like to offer you a huge thumbs up for your excellent info you've got right here on this post. I will be coming back to your blog for more soon.

Posted by: best dating sites | October 23, 2014 at 05:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 三月大歌舞伎 元禄忠臣蔵 | Main | 四月大歌舞伎  吉田屋 »