« April 2009 | Main | January 2010 »

October 2009

October 28, 2009

光の春 再開 蛮幽鬼へ

堺雅人さんに ありがとう を。

それから、

あ~!!! もう1回見たい。

大坂に見に行きたい。堺雅人さんのサジ。

今年の「3本の指-仁さまの油地獄・大竹しのぶのダイバー・蛮幽鬼の堺雅人-の1本」

仁さまの油地獄。3回見ました。
初めて観た日に心を鷲掴みされて、前から2列目仁さま正面の16000円の席を奇跡的なタイミングで速攻でゲット、さらに大好きな3階東の席を3倍に近い12000円で落とし。

それを考えれば、大坂に遠征するべきだよねぇ。

大竹しのぶのダイバー、当日券並びに3時間。授業準備の日に、本を抱えて携帯用の椅子を持ち込んで。

それを考えれば、新幹線で3時間の大坂、夜行バスで帰ってくるのなんて、何でもないじゃん。

は~・・・・・・・・最初に観た日に、気がつくべきだった。私のばか。

光の春をお休みしていた大きな理由は、
去年からの平日の忙しさ。ために、土日が仕事でいっぱいいっぱい。こんな文章を打つのにも、それなりの集中が必要で。

もう一つのひそかなわけは、
私の心から竜也がいなくなったこと。

 当日券に並び4列目正面で観たロミジュリ
 目の前に紅蓮の炎が見えた弱法師のラスト
 ビデオでハムレットと身毒丸を追い
 ライフインザシアターのシーンを幾度も反芻した。

   とどかないオレステスを7回
    橋じゅんと宮沢りえちゃんが光っっていたロープ
     「キレイ」を一生懸命探し始めなくてはならなくなっていた ベニス、身毒丸、かもめ。
      とっていた楽のチケットを 安く手放したムサシ。 これが、決定的だった。

 来年の按針をとどめにしようと思っている・・・自分の心をそう見て。

竜也から心が離れた。

今年前半は、完全に仁さま。吉田屋、綱豊卿、圧巻の油地獄河内屋与兵衛
もう歌舞伎が柱になるのかしらと思い始めていました。

8月の終わりから、5週間に9本、
ストレートプレイ、落語、文楽、ミュージカル、禁断のオペラまで。
そのどれもが、満足。充実。
それで 舞台が好き の私に戻った。
世田谷パブリックシアターの2階席でリチャード3世を見たときの最初の幸福に。

そうして、
10月1日、10月20日の 蛮幽鬼だったのです。
もう竜也はいないけれど、こんなに興奮できるのだから、それでいいじゃないか。
堺雅人君のサジをもう1度見たい。彼があれほどかっこいいのはこの舞台のこの役だけだろう。
それでいいじゃないか。今見ているその舞台が最高で。それで、いい と 思えました。

だから、堺雅人さんに ありがとう を。

ありがとう を 言いに 大坂まで行かなくてはなりませんね。

| | Comments (2)

« April 2009 | Main | January 2010 »