« 十二人の怒れる男 | Main | 二月大歌舞伎 一七代目中村勘三郎23回忌追善 »

January 31, 2010

蜘蛛女のキス

2010年1月30日(土)マチネ
池袋芸術劇場中ホール はじめてのホール、椅子が座りやすくなかなか感じの良いホールです。
前が中央通路の左サイドブロック通路横のなかなか良い席。しかも、12000円の席が朝日新聞特売で6000円。
アンジンといい、今回といい、この席で別の演目を見たいと、つい思います。

南米の軍事独裁政権下の牢獄。「おかま野郎」と蔑まれるモリーナと政治犯のヴァレンチン。
モリーナは釈放を餌にヴァレンチンのスパイを命じられているが、同房生活の中で、ヴァレンチノを愛してしまう。モリーナの心を支えている内面世界にすむのは映画女優オーロラ。
オーロラが蜘蛛女となってモリーナの心の世界に棲む。

原作の小説は面白そう。物語の柱は力強い。作家自身が戯曲にしたストレートプレイが見たい。
戯曲が映画化され、映画が当たってさらにミュージカルに。なるほど、曲も良い。

お目当ての浦井健治くんのヴァレンチノ。
ストレートに素直な青年。歌は力強く、かなり惹き付けます。去年のヘンリー4世も好演だったとのこと、見逃して残念でした。別の作品でもう一度見てみましょう。

石井一孝さんのモリーナ。石井さんは6年くらい前の世田谷パブリック「ファウスト」以来。
あのときよりは、良かったかな。たぶんしなをつくっている「おかま」姿が男性の姿よりあっていたのでしょう。女としてのしなはむしろ性同一性障害を思わせました。その意味では熱演。
最後にスーツの男性になったのですが、そのとたんに私の興味域からはずれてしまった・・・。
石井さんは篠井英介さんと同じ方向性が向いているかもしれない。

良かったのは、残念ながらここまででした。

石井モリーナは、女っぽさを前面に出して演じようとした分、
それが外見上の演技の部分であったゆえに、
男であれ女であれ人が内面に潜ませる哀しみがかえって弱くなっていたと思うのです。
モリーナは、もっともっと、哀しい哀しい役です。

これを市村さんが演じたら、面白かっただろうと、本気で思いました。
かつて評判になった市村-麻美で見たかった。

見ていて困ったのは、蜘蛛女を表現している歌の金志賢さんとダンスの辻本友彦さんと若いダンサーたち。
単品では二人とも悪くないのだと思うのです。しかし、異種コラボレーションの悪い罠にまってしまった。
歌とダンスが披露されればされるほど、違和感が放出されて。「安キャバレーのよう」という言葉が悲しいかな的中。
素材が良くても料理としては全然駄目という作品でした。オーナー(制作プロデューサー)とシェフ(演出家)の責任です。

かつて麻美さんの蜘蛛女はきっと魔術的に妖しく心の深い淵を見せてくれていたのでしょう。
それを想像するとますます、今回の演出が恨めしい。

本気のミュージカルなら、音楽ももっと奥行きが欲しいし、右手に出ては引っ込む巨大な壁にうつる映像はやめて欲しいし。ダンスには牢の格子は邪魔。
大道具小道具衣装すべてが説明的。説明的な演出は説明せりふと同じ安っぽさを生むのだとわかりました。ミュージカルの場合、視覚的には分かりやすい衣装や舞台装置が必須なのかも知れませんが、この原作には向いていないと思いました。牢獄の中での残酷なリンチの表現も含めて。

舞台の美しさは説明からは生まれない。それがわかって勉強になりました。

|

« 十二人の怒れる男 | Main | 二月大歌舞伎 一七代目中村勘三郎23回忌追善 »

Comments

Good respond in return of this question with firm arguments and describing all about that.

Posted by: best dating sites | November 21, 2014 at 09:33 AM

Hello! I could have sworn I've been to this blog before but after browsing through some of the post I realized it's new to me. Anyhow, I'm definitely happy I found it and I'll be bookmarking and checking back frequently!

Posted by: best dating sites | January 08, 2015 at 08:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 十二人の怒れる男 | Main | 二月大歌舞伎 一七代目中村勘三郎23回忌追善 »