« トーマの心臓 | Main | スタジオライフ じゃじゃ馬ならし »

March 24, 2010

御名残三月大歌舞伎 菅原伝授手習鑑  「筆法伝授」「道明寺」 

歌舞伎座もあと少し。庶民的で明るくてきらびやかで味のある歌舞伎座がなくなるのは 寂しい。

仁さまも、さぞ寂しく思っておられることでしょう。

それで、ご一緒に名残をおしみたくて、第二部の筆法伝授と第三部の道明寺を 見てきました。どちらも菅原伝授手習鑑のなかのお話しです。

「寺子屋」が圧倒的に人気の菅原伝授。
「寺子屋」には菅原道真公(菅公・菅丞相)は全然出てきません。だから、少し前まで、松王丸が主人公の物語だと思っていました。
昨年、「加茂堤」を見て、梅松桜の三兄弟のお話だと知りました。
そして、今回、はじめて、主人公の菅丞相道真公にお会いできました。

仁さまが演ると どんな役でも、「この役は仁さましかできない」と思ってしまうのですが、

十三代目のお役だった菅丞相、みごとに当代の仁さまの役になっていました。

仁左衛門さんはきれいです。
色悪も意地悪な役も困ったぼんぼんも追いつめられた若者も
みんな好きだけど、

何ものかのために大切なものを捨てると決める、そういう役で、とくに美しさが際立つように思います。

綺麗な真情が春の香りのように内から立ちのぼるのです。
そして、わたしは、美しい気をいつまでも見ていたくなるのです。

お話しは・・・

右大臣菅丞相菅原道真公が左大臣藤原時平の讒言によって流罪となる。
その原因を作ったのは道真の養女苅屋姫と帝の弟親王の恋。
二人の逢瀬が「加茂堤」。逢瀬の手引きをするのが桜丸です。桜丸はその後、責任を感じて自ら命を絶ちます。

そうとは知らぬ道真公が帝の命で弟子に筆法を伝授し、その直後讒言を受けて流罪となるのが「筆法伝授」。
このとき、梅王丸が菅公の一子菅秀才を館から逃し、筆法を伝授された弟子武部源蔵夫婦に託します。

都を追われ、遠く太宰府へ流される途中で、道真公と苅屋姫が菅公の叔母覚寿の住まいで最後の対面をする「道明寺」。
道真公の養女刈谷姫は実は覚寿の実の娘。覚寿にとっては、甥の道真公の養女となった実の娘が、道真公の大きな災いをつくったことになります。

そののち、道真公への帝の疑いはついに晴らされぬまま、道真公は二度と都には帰れませんでした。
追究の手は一子菅秀才へ。武部夫婦はかくまっていた菅秀才の首を差し出すことをせまられます。これが超有名な「寺子屋」
一昨年に見た仁さまの松王丸、よかったなぁ。思い出しただけで、泣きます。

物語は壮大な叙事詩でありました。
道真公を円の中心に、道真公とその周りの人々が描く真情の物語です。

中でも、「筆法伝授」と「道明寺」こそ、のちに神さまになった道真公が、帝(お上)への真情を貫いて、無実の罪を罪として受ける、道真公のこころの神々しいまでの美しさを描く段です。


3月9日、第2部。「筆法伝授」
・・・・・それにしてもね、菅公(道真)の露出の少なさ。動きの少なさ。はじめは筆法を伝授するために御簾の下がった部屋に座っているだけ。宮中への行きと帰りに歩いて、あとは立っているだけ。
仁さまを見たいわたしには、相当につらい・・・・それでも、

主を打ち据えようとする役人に抵抗する梅王丸を抑える道真。
ただ、黙って、こらえて、すべての疑いを受けて、立ちつづける仁さまの美しさったら!!
その立ち姿それだけで華のよう。


道明寺は2回、3月11日と23日に見ました。

11日は9列。この日は歌舞伎座に入る前にビール2杯飲んでしまったのが大失敗でした。相当寝てしまいました。情けない。なにしろ、2時間の「道明寺」の中、主役の菅公(仁さま)の露出度は「筆法伝授」よりさらに少なく。仁さまの出ていた場面だけは見事に起きていたもののあとはほとんど記憶にない自分て・・・。

二時間の演目のはじめの一時間半に仁さまが出てくるのはわずかに姿の見えない数語の声と、木像の菅公が歩く姿、そして、上手の小部屋に座っている数分間。動きは最小にして、ただその存在が背景にあるお話しが進行してゆきます。

仁さまが動くのは最後の10分。そこにすべてが凝縮されるのです。
それにしても、10分に15000円か・・・と少々複雑な心境もあり。


リベンジで、2列25番の素晴らしい席をおけぴで譲ってもらいました。この23日が、わたしの歌舞伎座最後の日になります。
上手、菅丞相(菅公)のほぼ正面。おおー!!!興奮。もちろん、今度は一瞬も気を失うことなく集中。

仁さまの筆法伝授以上の露出の少なさはわかっているので、はじめの1時間半は別の芝居と割り切って見ます。それでも2列目でしっかり見て、はじめの1時間半に、はらはらどきどきのシーンあり、わらってしまう可笑しいおとぼけのシーンあり、と、観客の体をほぐしている戯曲だとわかりました。(ごめんなさい)

そのうえ、木像と生身の、その姿を演じ分けている仁さまを見るだけでも価値あり。まさに、神懸かりの神々しさ。

前半の主役は菅公の叔母、覚寿です。自分の実の娘ながら、恋を求めて父を罪に落とした娘刈谷姫をうちすえ、刈谷姫の姉が妹をかばうと姉をうち、さらにこの姉娘を殺した婿を切る、気丈な老婆です。演じるのは仁さまと絶妙のコンビとなってきた玉三郎。
う・・・・・ん。
玉さまの老け役は、内心、もったいなくて辛かった。
玉さまには刈谷姫をやってほしかった・・・
仁さまの相手役のバランスからの配役なのでしょうね。母の思い、気丈さ、菅公の行く末をおもう辛さ、良かったけれど・・・・・・
でも、でも、でも、でも、玉は刈谷姫をやるべきだ!!と心の絶叫。

いよいよ残り30分。

木像の菅丞相の不思議が露わになって、本物の菅丞相と並びます。

出立の時。
娘は流罪の旅に向かう父に一目会いたい、会って許しを請いたい。
覚寿は刈谷姫と菅丞相が会えるように、打ち掛けのなかに刈谷姫を隠します。

しかし、父は帝への罪を犯した娘と合うことを拒絶します。

娘に許さない、いえ、それ以上に、娘に会うことを、自分に、許さない。

父の拒絶を知って、打ち掛けの下に隠れた姫の泣く声だけがもれる。
それを聞いた覚寿は菅公に実の娘の哀れを訴える。それは母の心です。
しかし、そのすすり泣く声を菅公は「あれは鶏の声。子鳥が鳴く声」と応えるのです。

子鳥と親鳥の哀れ。

閉居していた小部屋の窓の欄干に手をかけ、身を乗り出し、覚寿や娘に背を向けて見栄を切る仁さま、
かっこよかった!!!!
公と私に切り裂かれるその姿にうっとり・・・(と恍惚なのははわたしだけで)

菅公が心で泣く姿に周りからはすすり泣きの音。

ついに菅公は出立します。後ろには父が会うことを拒絶した娘、刈谷姫・・・・・
父は娘をかえりみない。
娘の落ち度をかえりみない。
ただ、今、この瞬間にあるなにものかだけをみつめて、庭に降りる階段をくだる。

そのとき、
仁さまは止まるのです。
止まって、しかし、刈谷姫を見ないのです。
決して見ないのです。娘に一瞥もあたえないのです。
けれど、決して娘を見るまいとするその全身が娘を見ているのです。目ではなく体全部心全部で。

娘はついに父に駆け寄りすがります。父の衣にすがりつきます。
それでも娘を見ない父。
その父が、高く一点を見たまま、手の扇を広げ貌を隠す。隠された父の貌。父にすがる娘。
父ははるか一点を見つめたまま、
娘を抱き、抱いたその腕の下から、娘の手に扇をいれる。

父の手と形見の扇と娘の手。

仁さまは歩きはじめる。花道へ。流罪の道へ。

歩く・・・前へ進んでいたその歩が一瞬とまる、とその刹那、
父は、たった一度、見返る。
はるか高い一点を見ている父が、見返った一瞬、娘を見下ろし、

すべてを振り切って、再び、前を向き、しかし、歩めない。
オペラグラスの中、立ちつくす仁さまの頬に流れる涙。

何かのために何かを捨てる、その厳しさを掘った仁さまの横顔の美しさを私は忘れないと思う。

2回見に行ってよかった。
これは、何度も味わう芝居でした。
味わっても味わっても、終わることのない感動でした。

私の歌舞伎座が
仁さまのあの美しいほんとうの涙で永遠に止まって、
しあわせです。
ありがとうございました。

|

« トーマの心臓 | Main | スタジオライフ じゃじゃ馬ならし »

Comments

Good way of describing, and good article to obtain data regarding my presentation subject, which i am going to convey in university.

Posted by: free music downloads | August 19, 2014 at 03:28 PM

I am truly thankful to the holder of this web page who has shared this fantastic article at at this place.

Posted by: Best Dating Sites | October 29, 2014 at 12:58 AM

Hi, I do think this is an excellent web site. I stumbledupon it ;) I will come back yet again since I book-marked it. Money and freedom is the greatest way to change, may you be rich and continue to help other people.

Posted by: chicas rusas | November 19, 2014 at 06:39 AM

Hey there! I could have sworn I've been to this site before but after reading through some of the post I realized it's new to me. Anyhow, I'm definitely happy I found it and I'll be bookmarking and checking back frequently!

Posted by: best dating sites | December 19, 2014 at 05:50 PM

Woah! I'm really digging the template/theme of this website. It's simple, yet effective. A lot of times it's very difficult to get that "perfect balance" between usability and appearance. I must say you have done a amazing job with this. Additionally, the blog loads super quick for me on Firefox. Exceptional Blog!

Posted by: best dating sites | December 31, 2014 at 05:07 PM

After looking into a number of the articles on your site, I really appreciate your technique of writing a blog. I book marked it to my bookmark website list and will be checking back in the near future. Please check out my website as well and let me know your opinion.

Posted by: best dating sites | January 01, 2015 at 11:35 PM

Thanks for the marvelous posting! I truly enjoyed reading it, you may be a great author. I will be sure to bookmark your blog and will eventually come back later on. I want to encourage one to continue your great work, have a nice holiday weekend!

Posted by: best dating sites | January 07, 2015 at 04:27 PM

This website was... how do I say it? Relevant!! Finally I've found something which helped me. Thank you!

Posted by: best dating sites | January 18, 2015 at 10:19 AM

What's up colleagues, how is the whole thing, and what you wish for to say about this post, in my view its in fact remarkable in favor of me.

Posted by: free music downloads | February 26, 2015 at 12:08 PM

Thanks , I've just been searching for info approximately this subject for ages and yours is the greatest I've found out so far. But, what in regards to the conclusion? Are you certain in regards to the source?

Posted by: fotos de chicas bellas | April 08, 2015 at 09:39 AM

Great post.

Posted by: Jacob | September 20, 2015 at 07:12 PM

always i used to read smaller posts that as well clear their motive, and that is also happening with this piece of writing which I am reading now.

Posted by: Pof.Com Search | October 16, 2015 at 01:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« トーマの心臓 | Main | スタジオライフ じゃじゃ馬ならし »