« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

October 31, 2010

錦秋十月大歌舞伎

「舞台に現れていない弟の知略が観客の心に焼き付いた・・・仁さま会心の笑み」


2010年10月22日夜の部。

新橋演舞場。2階右(歌舞伎座の東に当たります)。2列。
歌舞伎座と違って演舞場の2階席は3階席と同じ椅子席です。

演舞場、1年前に堺雅人さんのサジを見に通いました。熱かったあの空間。

大歌舞伎ですが、2階席には空席があちこちに見えます。

仁さまの「盛綱陣屋」
寺子屋や熊谷陣屋と同じ構造の物語です。主君への忠義のために家族を犠牲にする。武家の悲劇を描きます。

ただ、「盛綱陣屋」は、盛綱自身の子は手柄を立てた方で、犠牲になったのは敵方になった弟高綱の一子小四郎、盛綱にとっては甥に当たります。
子どもではなくて甥、盛綱から見て遠い分、孫に自死をせまらなくてはならない盛綱の母微妙や夫高綱の計略で子を失うことになる高綱の妻篝火ら、女たちの悲しみと葛藤に物語の中盤を与えている物語です。

物語は鎌倉時代北条のお話にしていますが、実際は大阪冬の陣の出来事。
北条時政がめっちゃいやな上司、これは徳川家康のことで、この上司のもとで苦渋の決断をする佐々木盛綱は大阪冬の陣で豊臣徳川両陣営に分かれた真田のお家のお兄さん。

真田家は家の存続のために冬の陣で豊臣に弟、徳川に兄、あえて兄弟が敵味方に分かれたのです。

主君への忠義と家族愛が切りさかれる武家の悲劇に、家を絶やすことが出来ない大きな重責が加わります。

捉えられた小四郎をえさに高綱を罠にかけようとする時政は家康のこと。おもいっきりやなやつ。にくき敵幸村(高綱)をその子小四郎を利用して捉えようとするのです。

ですから、物語の本当の主人公は滅びの美学を体現する佐々木高綱(真田幸村)。子を失いながらも時政(家康)に刃向かい続ける。けれども彼は舞台には出てきません。

出てくるのは戦いで捕まった高綱の一子小四郎。敵方になった高綱の兄盛綱。子と孫が相争う立場になっている母であり祖母である微妙。高綱の妻小四郎の母篝火。

主人公が出てこない物語。その主人公を観客の目に中に映させる技がこの舞台の枢要なのです。

それは、この物語では
息子高綱が時政の罠にかかって真田の家の名を落とすことを避けようと孫に自死を迫る祖母と
父の計略のために死ぬ時を遅らせようとする孫の葛藤であり、
兄盛綱が弟高綱の首を調べるするその場であり、
高綱の妻が夫の計略で自死する子を一目見ようとする悲哀であり、
高綱の武将和田兵衛が敵陣に一人乗り込む剛毅であり。

団十郎さん、和田兵衛の堂々とした重量感と軽妙のバランスが良かった。
小四郎の子役がとっっても可愛かった。

しかし、その場に出てこない高綱をみごとに目に焼き付けたのは、
やはり、仁さまでした。

仁さまの盛綱が弟と思って目を開けて見た首は高綱ではなかった。偽首を本物と思わせるために高綱はあえて子の小四郎を敵方に捉えさせ、偽首を見て自死させた。
盛綱は小四郎の切腹をみやって、弟の知略を飲み込み、してやったりの笑みを浮かべます。
兄は弟の知略をさぞや真田の家の誇りに思い、兄弟が敵味方に別れてまで家を生きのびさせる深い計略を思い、自分に手渡されたバトンを受け取ったのです。

あの首検分の盛綱(仁さま)の顔に浮かんだ会心の笑みが
観客にその場に現れていない高綱の知略を見せて、
この物語の全部をかっさらっていっちゃた。
いない人間を存在させる。キサラギや十二人の怒れる男にもあった演劇のひとつの手法なのでしょうか。
仁さまは、そこをわかって、制限された歌舞伎の様式で、演じきる。凄いです。


演目の3つ目「酒屋」は文楽で見た「艶容(あですがた)女舞衣」。
福助が他の女と逃げてしまった夫をただ待つ貞女のお園と愛人と逃げる半七の2役。福助は若い色男が似合うみたい。彼の女形には妙に男を感じていたのだけれど、やっぱ、そうだよねぇ。彼は、女より女をあしらう色男の方が向いているなぁ。もちろん、きれいなのですけれど。

文楽の人形を人間が演じると女が生臭くなる。男がつまらなくなる。

人間が人形を越えるのが、歌舞伎の命題なのでしょうか。

ナマの人間が空間を支配する重さを感じた今月の大歌舞伎でした。

| | Comments (0)

October 30, 2010

じゃじゃ馬馴らし

「女たち、ここまで強くなりました!」


2010 10月29日
彩の国芸術劇場  前楽

亀治郎さんを見に行ってきました。

大正解。現代劇の男役には少々重すぎる彼は
やはり、歌舞伎、シェークスピアの女役でしょう。

十二夜の麻亜以上の迫力で満席の観客を圧倒し、支配し尽くして、
スタンディングオベーションを受けていました。

なんなんだろうねぇ。あの、女への挑戦状のような、女としての圧倒的な存在感は。
フェミニズムの最前線にいたかつての女性たちと渡り合う、
今の美味しいとこ取りの女たちに活入れるような、あの強烈な、存在としての主張は。

このキャタリーナは彼の堂々の持ち役になる。今回でお終いなのはもったいない!
シェークスピア喜劇の中でも現代に上演するのに一番難しい、まるまる男尊女卑のお話で、
これだけ幅広い年齢層の女性客を大喜びさせちゃうなんて。

彼の知性に裏打ちされた自信だからこそできる女たちへの挑戦状でしょうか。
客席を睨め廻す圧倒的な目ぢから。見ている私たちは大喜び。大姉御のような笑み。いやはや。

蜷川さんが
じゃじゃ馬馴らしのキャテリーナに亀治郎さんを持ってきたことが100%大成功。

シェークスピアにとって女は別の生き物なんだよね。
だから、彼の芝居で描く女性に女優をもってきちゃ駄目な気がする。
女の生臭さがでてしまって。キャテリーナをやれるとしたら、
大竹しのぶ?白石加代子?怖すぎる!!!
今の男じゃ調教できないって(笑)

今回、7月に見たスタジオライフと比べられたのも良かったな。
若い男の子に肩入れしている女性の倉田さんが描くじゃじゃ馬ならしも面白かったもの。
今の草食系の若い男の子たちに言わせてあげている「女の人に言いたいこと」満載だった。

それに対して、亀治郎さんのキャテリーナは、
今の世の中で勝ち組に上り詰めた女たちに堂々ともの申していた。
自己主張と傲慢をはき違え、感謝されるのは当たり前、するのはまっぴらごめん、
それって人として、どうなの!!って。

蜷川さんは少々びびって、全体をお笑いの世界に包んでいたけど。
漫才のような早口高音のセリフとハリセンで頭を叩きながら、体全体でこける芝居。
演出のねらいとしては悪くなかったのかなぁ。難しいところです。
でも、ほとんどの役者さんが演出意図についてこられなくて、見ている観客には疲れました。
早口の高いテンションにふりまわされている役者さん続出、特に1幕は意味の伝わりきれない高音早口意味不明のセルフに疲れる疲れる。
あのテンションはキャテリーナなを「調教」するペトルーチオ筧さんだけでも良かったな。
他の人たち、せっかく頑張っているのに、ヘンリー6世でただ客席通路を上へ氏手へ走っていた兵士たちと同じ、うるさくて疲れさせる効果の方が大きかった。

それでも、亀治郎さんをかこむ役者さんたちは、とても良かったです。
みんな活き活きしていた。
とくに、
ペトルーチオの筧さんも思わぬはまり役で楽しかったし、
月川くんは今までで一番美しかったし、
トラーニオの田島くんは若手の中では唯一セリフがキレイに入ってきました。

スタンディングオベーションの中で
今の時代をつくづく思いました。

平気で1万円近いチケット代を出せる女性たちは
「女は男に尽くすものだ」という主張に
笑って「そうよねぇ 」と言える。そのくらい強くなっちゃっているなぁって。

| | Comments (3)

October 11, 2010

ゲキシネ 蛮幽鬼

ひたすらかっこよいサジにまた会えて、また会いたい。


狂喜乱舞の昨秋の公演。演舞場で2度、大阪に遠征してもう1度、見た舞台の「映像作品」です。

興奮もおさまった1年後の、2010年10月10日。
興奮の名残を見たくて、松竹の本拠地である東銀座の東劇で鑑賞してきました。
東銀座の駅を降りると、歌舞伎座のあったところはちょうど更地になっていました。抜けてしまった歯のようで痛いなぁ。
演舞場を左にみながら映画館に入ります。満員だった熱気は1年の昔に去り、観客はまばらです。

上川くんはアップに耐える良い男だし、橋本じゅんちゃんの極悪メイクは楽しい。
じゅんちゃんの役作りにおける抜群の開き直りはいつ見てもすがすがしい。彼の変身ぶりが極悪メイクや派手な衣装でパワーアップしていることを実感。
これはゲキシネならではの発見です。
素(にちがいない)純な悪さ狡さ可愛さで天下一品の山内佳哉くん、遠くから見てもアップにしても存在感がある。彼は周りが芸達者で刺激が強ければ強いほど燃えるタイプでしょう。物語よりもそこにいる相方たちと勝負している。

大王の右近健一さんは今年7月に見た真夜中のパーティーで楽しく切ないエネミーを演じていた役者さん。
大王とエネミー。どいらも「男らしさ」の対極を描いていて、情けなさのなかに「男らしい」心。上手い。もちろん楽しい。・・・それにしても、体型まで違って見えた。役者さんてすごいわ。
千葉哲也さんのあくどい感じ。「はかりごとはいいぞ」の楽しげな笑み。これもアップならでは。

映像はナマで見た新感線の細部をたっぷり楽しめました。舞台ではその勢いでどんどん進んでしまったひとりひとりの楽しさを、再確認しました。

とともに、演劇と映画の違いを痛感し、私はナマの現場の一体感が好きなのだとわかりました。
舞台で発する熱が好きなのね。静けさも、熱気も、怒りも、悲しみも、間に何も通さないで感じられる。
人が人から何かを感じるためには、発する人間は、自分が自分だけで感じている時の何倍もの力がいる。
映像はその部分をアップやカット割りや音楽やアングルで大きくできるのだけど、
ナマの舞台は人間の力だけで空気を圧倒しなければならない。

すべてのナマのパフォーマンスの凄さは1個の生き物である人間自身が力を発さなければならないところなのですね。自家発電しなければならない。

まあ、それはそれとして、ゲキシネは蛮幽鬼を楽しく再発見できる映像でした。

そしてね、再発見の最大の収穫は、

やっぱり、堺雅人さんのサジ(殺し屋)でした。
舞台では早乙女くんの殺陣のすばらしさに息をのみ拍手喝采しつつ、比べれば堺雅人さんは頑張っているけれど相当苦しかったのです。でも、映像はそのへんを上手に処理してくれていて、サジのかっこよさを堪能できました。

そして、わたしがこの作品をこんなに楽しめたのは、
サジというキャラクターに感情移入していたからだったと発見。
去年熱狂しているときでも、実は完全に成功しているとは思えなかったキャラクターだったのですが、
最後まで自分の名前も拒否し、他人を名前で呼ぶこともなかったサジ。
冷たい男を堺雅人さんは冷たく演じなかった。
人間らしさを拒絶した笑顔の温度のなさ。
それでいて、堺雅人さんの声が暖かい。
一瞬見せる怜悧な眼差し。これがきれいで、これを見るために、演舞場に行ってた。

堺雅人さんには、自分を外から見ているところがあって、酔っていないところがあって、
それが、彼のサジを、殺人凶器ではなくて、あくまで人間にしていたように、今は思う。

| | Comments (0)

October 10, 2010

キサラギ

ミステリと演劇の幸福な結婚。


2010年 9月27日
ソワレ シアタークリエ
クリエは苦手だったのだけど、
面白かったわ!!!!
良い本と良い役者は、入れ物を選ばないんだねぇ!!!

テレ朝のゴンゾウが良くて、内野さんを見直して、内野さんをあんなに魅力的にした脚本の古沢さんに注目。
その古沢さんを世の中に知らしめたキサラギと知らされれば、見るっきゃないって!

古沢さんは、ばらばらのピースをびっくりするような角度からはめていって、見ていた人を最後に驚かせる絵を作る、ミステリーが得意なのね。
堪能しました。
また、こんな、めっちゃわくわくしっぱなしのお話し書いてくださいね。

舞台に出て来ないアイドル・キサラギミキ-彼女は1年前突然自殺した-を愛する男たち5人、
最初は何の関連もなくただネットでキサラギミキおたくとして知り合っていただけの男たちが
実はみな、深く深くミキとつながっていた。まったく違うテイストなのだけれど、十二人の怒れる男によく似た作劇なのです。そこにいない人物が物語りの真の主人公。いない人間をめぐって、舞台の上にいて自分の体を曝している人間たちの関係が浮かび上がり、舞台の上にいる人間たちの「人間」が浮かび上がる。

ミキの突然の死の真相が、5人の男が絡み合うお笑いのテンションの中で、
ピースが入り込むように観客の前に表される。快感。ホンがよいと役者がみんな活き活きと動きます。快感です。これはホンと共に、演出の勝利でしょうか。

シーンは全く動かないのに、ミキのマンションや、行きつけの店、幼なじみとの風景が浮かびます。

ミキの熱烈なファン家元。松岡充くん。愛らしかった。アイドルを好きでいる切なさ、可愛さ。イケメン草食系の頂点だよ、君は。
ミキおたくのスネークは浅利陽介くん。立ち位置をころころ変える今時の情けない男を余すところ無く熱演。
福島からやってきた田舎の純朴な安男は実はミキの幼なじみだった。碓井翔大くん。田舎の青少年にしてはスレンダーでかっこよく見えすぎ、でも、あか抜けない男をあか抜けて演じてアクセントになっていた。
ミキのストーカーまがいのイチゴ娘中山裕一郎さん、怪しい中年男が実はミキを捨てた父親だった。
そして、謎をはらむオダ・ユージはミキのマネージャーだった。今村ネズミさんの落差のある演技がストーリーを動かす。

シェークスピアや歌舞伎の時代物のような大きな物語は今の世の中からは生まれ得ないのかも知れないと思います。無理ですもん。

でも、歌舞伎の世話物のような、このキサラギのような、小さな物語が時代を表しているのなら、
こんな素敵な小さな物語を楽しんで十分です。

たいていの人間が、みな、それぞれの小さな物語の中で生きている。
古沢さんの脚本は、その小さなピースを組み立てて生まれる絵を魅力的に描いてくれていると、
思いました。

それぞれが小さな物語しかもたない5人の男。
でも、彼らががあつまったから、はじめてミキの死の秘密が明かされる。

自分だけがミキを直接知らないただのファンだったと知った家元に、
知らされたミキの死の秘密。

観客は、
最後の「真相」を心温まる贈り物として受け取って、フィナーレを楽しむ。
素敵な物語でした。

| | Comments (3)

October 04, 2010

シダの群れ

弱いけどしぶとくて、情けないけど勝ち抜けしたい、そういう男たちを見に行く。


9月22日 水曜日 ソワレ コクーン

岩松了さんの作演出。

阿倍サダオ、風間杜夫の評判が良く。

やくざの内部抗争、というか、抗争にもならない、人間関係の物語かな・

「意味不明」「暗くてわけがわからない」という評判の中で、身構えて見に行ったのだけれど、
以外と意味も分かり、不快でもなく。

岩松了さんの小さい物語の中の微妙な人間関係の笑いや焦りや卑屈や点数稼ぎに、
結構笑えている自分がいました。

この舞台は
主役は阿倍サダオちゃんと風間杜夫さん。それはカテコではっきり分かる仕組みなのだけど、そこさえ、ちゃんとわかって見れば大丈夫。芝居の途中で気づけない観客は辛いかな。

群像劇のように見せているけれど、やくざの跡目争いに、対立する正妻の息子ツヨシの小出くんや2号の伊藤蘭さんや、2号の息子にして人望もあり出所してきたタカヒロの江口くん・・・彼らがストーリーを進める登場人物なのに、実は、彼らは動く小道具なの。

物語は出所してきたタカヒロを慕うサダオちゃんと
タカヒロを押していたのに組の存亡のためにタカヒロを見捨ててツヨシを跡目にする水野の風間杜夫さん、この二人の新旧の組織人の、情けなさを描いているの。

人間てしぶとくて、弱い。

江口くん、小出くん、伊藤欄さんがもう少し別の存在感を出せたら、また違う芝居になったのかも知れませんが。

| | Comments (7)

秀山祭九月大歌舞伎

誠実に生きるという絶滅品種を仁さまに見て。


2010年9月19日(日)昼の部

月宴紅葉繍
 魁春の踊りには季節をきちんとふまえた様式の美しさと安心感がある。

沼津(伊賀越え道中双六)
 吉右衛門さんの十兵衛が雲助の平作の家に行くまでの軽妙なやりとり、十兵衛が平作の娘お米に掘れた様子が笑いをさそって面白い。
 ところが、後半は物語が一変。生き別れの親子と互いに露わに出来ない悲しさ、さらにお米の夫を殺した敵の行方を十兵衛が知っていることから、平作は自らの命を捨てて十兵衛に婿の敵の行方を問う。
おーーーー!!これは昨年見た文楽のあのお話しだったのではないですか。

住太夫さんの義太夫が絶品だった。しかし、とんでもない話だった。あれですか。
とんでもない話だと思いながら、平作が腹を切る姿に壮絶な思いが溢れて、全然共感しないのに泣いたっけ。

文楽と歌舞伎を同じ演目で見ると、文楽の美しさに圧倒される。
人間が演じると生臭くなる物語が、人形に命が宿ると妖精の世界になる。
なぜだろう。人形には罪がないからかねぇ(笑)。

そんで、人形に対抗できるのは、玉だけだねぇ。って痛感する。文楽見ると玉の凄さを思う。

歌六さんの平作、軽妙と壮絶の両端を演じて良かった。けれど、やはり文楽が歌舞伎を圧するのは、これは仕方ないことなのだと思う。人間の物語としては極端すぎる物語なのだから。

そして、昼ご飯の時間をはさんで、荒川の左吉。

仁様の左吉。純でお人好しで先輩たちに軽んじられているのやくざの三下。
仁様の左吉。親分と娘が零落して、左吉は親分の娘が捨てた盲目の卯之吉を引き取って育てる。

人間が演じて人形よりも胸を打つのは仁さまだけだねぇ。
仁さまの歌舞伎を見ると、人間にしか現せられない爽快さがあるの。人間って良いなって、必ず思えるの。

社会の底辺どころか組織の底辺でしかないおとこが、人として、誠実で心根が清らかなの。
仁様がやるとどんな男も愛おしい。11時から始まって、2演目を見て、ご飯食べて。2時から。他のどんな演目でもきっと寝てしまうだろうに、仁様を見て一瞬も眠くならないものなぁ。

それどころか、左吉が手塩にかけて育てた卯之吉を手放す3幕目は、もう泣いて泣いて、久々にこれだけ泣いたっていうくらい、泣きました。

左吉の悔しさ、意地、卯之吉への愛おしさ。
親の本当の姿は血の繋がりの有無ではない。いえ、血がつながっていないところに、一番純粋な人間の尊さが芽生える、と、

自分の育児を省みて、楽ちんだからお互いに好きになれない素だけがぶつかる、トホホの親子関係で。

今の世の中への無言の抗議にさえなっていました。

辛いから意地がたつのかなぁ。

仁様は、ほんとうに凄いです。いつも、人としてどう生きるかを問われます。

カトケン、ヒラミキ、仁さま。今月は堪能しました。
彼らは孤独でしょうか。いえ、舞台の神さまと共にいますもの、舞台の神さまに愛されていますもの。

そして、多くの人に幸福をくれる、彼らは少しも孤独ではないはず。


| | Comments (6)

トロイアの女たち

芸術でもなく娯楽でもなく・・・・・演劇界を支える良心。


9月18日土曜日 14:00

イリアスに続いて急遽文学座へ。
イリアスより本物というネットのレビューを見て。当日券を当日予約。
信濃町から歩く。文学座は木造の家のようでした。昭和30年代の演劇の熱気がここにそっと残っているような。

170席。長細い平場の舞台の両側に段段、座席ではなくて椅子。
興業ではなくて、演劇の空間です。

赤い床は女たちが嘆く悲劇の血の色ですね。黒い衣装は父や夫や子どもを失った喪服のいろ。

ギリシア軍に敗北したトロイアの残された女たちを描きます。先週のイリアスの続きにあたる時間です。

プリマオス王の妻、王妃ヘカベ、娘のカッサンドラ。ヘクトルの妻アンドロマケ。
この3人とともに8人のコロスがトロイアの多くの女たちとなります。
男はギリシア軍の言葉を伝える伝令使タルテュビオスと無言で女たちを追い、捉える二人のギリシア兵。

イリアスが男たちの戦いの対峙を見せたのに対し、
トロイアの女は題名通り女たちを描きます。国を失い王妃ヘカベは奴隷となる運命をほかのhトロイアの女たちと共に呪います。

物語終盤にヘカテたちは男たちの諍いの原因になったヘレネを糾弾します。そして、ヘレネの裏切りを女たちとともにヘレネを憎み糾弾していたはずのスパルタ王メネラオス王・・・しかし彼はヘレネを目前にしたとたんに「男」に成り下がる。

演劇が社会へのメッセージを担っていることを思い出させてくれる良心お溢れる芝居でした。
その分、エンターテイメント(娯楽)からは離れてしまうのですが。

どの俳優さんたちも十分に熱演で上手でしたし、興味深いずっしりした味わいの空間でしたが
ただ、人としての勉強の色がちょっと強すぎたかな。

| | Comments (4)

« September 2010 | Main | November 2010 »