« あっぱれ菊の怖すぎる玉手姫・・・十二月大歌舞伎「摂州合邦辻」 | Main | 新春浅草歌舞伎 第二部 »

December 31, 2010

抜け穴の会議室

90分1本勝負の二人芝居  楽しかった!

2010年 12月22日。 17時 パルコ劇場。 昼の菊の玉手とこの作品とダブルヘッダーで今年の観劇納めです。
先月のパルコ中井さんの「カーディガン」が微妙にストライクではなかったのですが、今日はリベンジになりました。
やっぱり パルコにはずれなし です。

佐々木蔵之介の「チーム申」、脚本演出の前川知大。
相手役に大杉漣を迎えての二人芝居、脚本を大杉さんに合わせて変更した上での再演とのことでした。
前作は誰が相手役だったのだろう。この作品は、役者ならやってみたいに違いない。
古沢良太さんといい、日本人の作家も良い本は良いなぁ。嬉しくなります。

舞台は90分休憩なし。
中央はらせん状にやや高くなっている。所々に本が入っている棚をしつらえた壁。これがが高い天井までそびえ立つ。奥と両サイドにドア。ここが会議室らしい。
眠りから覚めた男と男の目覚めを待っていたもう一人の男だいる。

これは何?ここはどこ?この人は誰?
観客が抱く「?」・・・・この「?」自体がこの舞台のテーマなのです。なんて挑戦的な脚本でしょう。
観客は観ている間じゅう想像力を働かせ続けていなければなりません。

二人の男がいるのは輪廻転生を繰り返す人間の死と次の生の間の場所のようです・・・
そして、前世で関係のあった人間どうしが床に散らばっている本を読んで互いに消えている自分の記憶を確認し合う・・・

前川さんの作品、去年の「狭き門より入れ」もハートウォーミングSFでした。
今回はそれ以上にスタイリッシュなハートウォーミングSFでした。

臨終を迎えた年老いた医師・・20歳になったばかりの看護専門学校生・・東北地方で厳格な父に反抗しきれず鬱屈する息子・・救急医療の現場で働く医者・・

対する大杉漣さんもまた
自分の記憶を振り返るために相手の目覚めを待つ男・・靴やで店員に間違えられた客・・息子のふがいなさにイライラをつのらせる厳格な父・・幼い娘の治療のために骨髄移植ドナーを求める父・・

二人は1冊ずつ本を手にしては記憶をよみがえらせ、
さらにふたりが同時に本に触ることでフラッシュバックが起きて、閉ざされていた記憶の場面が表れ、場面ごとにつぎつぎに人格をかえてゆきます。

二人は前世では若いときに偶然客として同じ靴屋にいて、その時に倒れた店員を一緒に助けたあと、
20年近くたって難病の娘の父と、娘が入院した病院に勤務する医者として、再会します。

しかし二人の繋がりは前前世では反目しあう父と子なのです。

記憶をよみがえらせるたびにつぎつぎに別の人格になるのですが、
別の人間に変わるのではなく、
次第にすべての繋がりの中で一個のアイデンティティーをもつ「自分」がたちあらわれてくるのです。

そして、物語は中盤で劇的に展開しはじめます。
父と子だったふたりは、ロッククライミング中の事故で父が滑落し、息子がすぐに救助を呼ばなかったために父は滑落現場で亡くなったのでした。

父の人格になった大杉さんは真相を知って「お前が見殺しにしたせいで俺は死んだのか」と怒りを爆発させます。

息子の人格になっている蔵之介さんは
「父さんは最後まで俺を認めなかった。俺が生きている価値を認めなかった」と叫ぶのです。

観ていて心臓が苦しくて、
父と子の互いを認め合わない深い淵、遠い隔たりを想像すると、
呼吸が苦しくなって心臓が痛かった。

見に来たことを後悔しかけたほど重いシーン。
だって、もう前世が終わっている二人にはその人格としての和解さえあり得ないのです。
生きているときに誤解し合った思いはそのまま永遠に解消されない。その重さに心が倒されてしまいそうでした。

けれども二人は記憶をよみがえらせて「自分」になる作業をつづけてゆく。
そして、前世の記憶をさらに明らかにしたときに、医者の人格になった蔵之介さんは「僕がいた意味」をしるのです。
若い救急医自身が難病の娘と同じ型の骨髄液の持ち主だった。彼がドナーになって娘の治療は成功していた。しかし、父は誰がドナーであったかを知らないまま人生をおえていた。
これを知ったときの漣さんが抜群に良かった。安っぽい感謝はない。かつて父として息子に裏切られた思いを消し去ることはできない。別の人格と別の感情をどちらも胸に抱いたまま、「つながっている自分」が「つながっている相手」と了解しあうのです。

息のあった二人の役者。その息づかいをナマで感じるだけでも舞台の醍醐味充分でした。
人格がするっと変わるときの絶妙な表現。
次第に立ち現れてくるニュートラルな「自分」。
劇的に爆発する感情とおだやかな了解。

佐々木蔵之介さんはテレビより舞台のほうが長身が映えてかっこよいですね。
大杉漣さんは映像も悪くないけど舞台でもその巧さを堪能できます。

人は必ずつながっているから、人を大切にしていようよ。
というシンプルなメッセージに心が温かくなりました。

|

« あっぱれ菊の怖すぎる玉手姫・・・十二月大歌舞伎「摂州合邦辻」 | Main | 新春浅草歌舞伎 第二部 »

Comments

I will right away take hold of your rss as I can't find your email subscription hyperlink or newsletter service. Do you have any? Please let me recognize in order that I may just subscribe. Thanks.

Posted by: planet minecraft | September 05, 2014 at 11:30 PM

I like what you guys tend to be up too. This type of clever work and coverage! Keep up the very good works guys I've incorporated you guys to my own blogroll.

Posted by: nutrition bars | September 07, 2014 at 03:17 AM

You actually make it seem so easy with your presentation but I find this matter to be actually something that I think I would never understand. It seems too complex and very broad for me. I am looking forward for your next post, I will try to get the hang of it!

Posted by: quest bars | September 26, 2014 at 09:45 AM

Very good information. Lucky me I discovered your website by accident (stumbleupon). I have bookmarked it for later!

Posted by: quest nutrition Protein bars | October 09, 2014 at 05:25 AM

It is really a nice and helpful piece of info. I'm happy that you simply shared this helpful information with us. Please stay us up to date like this. Thank you for sharing.

Posted by: Diet Plans for Women to Lose Weight | October 11, 2014 at 02:46 AM

I visited multiple web pages but the audio feature for audio songs existing at this web page is genuinely superb.

Posted by: Diet Plans for Women to Lose Weight | October 19, 2014 at 06:31 AM

Have you ever thought about creating an ebook or guest authoring on other sites? I have a blog centered on the same ideas you discuss and would really like to have you share some stories/information. I know my viewers would appreciate your work. If you are even remotely interested, feel free to send me an e mail.

Posted by: Best Dating sites | October 29, 2014 at 03:51 AM

Good info. Lucky me I discovered your site by accident (stumbleupon). I have book marked it for later!

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 08:43 PM

Everything is very open with a clear description of the issues. It was really informative. Your website is useful. Thank you for sharing!

Posted by: best dating sites | November 24, 2014 at 03:36 PM

Woah! I'm really loving the template/theme of this blog. It's simple, yet effective. A lot of times it's very difficult to get that "perfect balance" between usability and visual appearance. I must say that you've done a superb job with this. Additionally, the blog loads extremely fast for me on Internet explorer. Outstanding Blog!

Posted by: best dating sites | November 25, 2014 at 08:29 AM

I'm not sure exactly why but this web site is loading very slow for me. Is anyone else having this problem or is it a problem on my end? I'll check back later and see if the problem still exists.

Posted by: best dating sites | December 20, 2014 at 06:09 PM

Greetings from Carolina! I'm bored to tears at work so I decided to check out your website on my iphone during lunch break. I enjoy the info you provide here and can't wait to take a look when I get home. I'm shocked at how quick your blog loaded on my cell phone .. I'm not even using WIFI, just 3G .. Anyhow, awesome site!

Posted by: Best dating sites | December 27, 2014 at 01:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あっぱれ菊の怖すぎる玉手姫・・・十二月大歌舞伎「摂州合邦辻」 | Main | 新春浅草歌舞伎 第二部 »