« 志の輔らくご in PARCO | Main | 花形歌舞伎 於染久松色読販 »

January 29, 2011

ろくでなし啄木

2011年 1月7日 金曜日 18:30 池袋芸術劇場

場所が良い。芝居見てすぐに家に帰れるアクセス。快適。

観客が妙な感じ。あとから理由がわかった。一昨日、昨日はプレヴューで、この夜が初日だった。
業界っぽい人が多いなぁと思ったけど、「多い」というよりも、業界の内輪っぽい空気が、充満していた。
濃い匂い。関係者が反応し合って生まれる空気が過剰だった。

9:15  関係者の人たちも含めて、大勢のスタンディングオベーション。
その夜の舞台が終わってわき起こる拍手というよりも、2ヶ月の公演の幕開きへの拍手。「三谷幸喜生誕50年」のイベントの初日への拍手だったのだろう。

藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵
石川啄木、友人のテツ、恋人のとみ。
仙台に近い旅館の部屋である夜、石川啄木の人生を変えたできごとがあった。
その夜3人に起きたことは何だったのか。3人のそれぞれに語らせる・・・・たぶん三谷さんは「藪の中」をねらったのだろうと思う。

美術がおしゃれで、手前と部屋と奥の部屋をしきる大きな3枚の障子の動きが良い。

2幕中盤、竜也と勘太郎くんが化学反応を起こして火花が散る場面もあった。

ただ、わたしには、見せ場はここだけだった。

役者は3人とも悪くなかったと思う。勘太郎くんのお人好しとヤシの落差。竜也も久しぶりに哀しくきれいに見える場面があった。

でも、啄木に謎解きをさせる最後のシーン、ああいう場を得意とするのはショートークが得意な慎吾くんだと思う。竜也ではない。中途半端さだけが残る後味はつらい。


で、約1週間後の1月15日 土曜日。マチネ。

この日は観客も普通の演劇好きの人々で落ち着いている。

舞台は1週間でずいぶん進化&深化していた。
勘太郎くんの芸達者、吹石さんの一生懸命さに竜也のリズムが上手く合ってきている。

頭が良くて駄目でずるいピンちゃん(啄木)、ピンちゃんを好きで好きでたまらない素直なとみさん(富子)、お金も友情もあげっぱなしの人の良いテツ。

1部のコミカルな掛け合いを勘太郎くんがテンポよくひっぱり、3人の呼吸もあって、この夜に起きた表の筋を心地よくみせてくれた。
一転して後半では、この夜、二人の男に起きたに真情が明らかになる。
啄木のずるさと弱さ、てつさんの優しさと強さ。そのどちらもが切ない。

特に「最悪な男にさえなれない」啄木とてつの場面からは竜也らしさが全開。
このあと、初日では中途半端でちぐはぐだった幽霊になった啄木も竜也の独壇場になって、作品全体を良い緊張感でしめていた。

啄木の役が竜也の(数は少ないけれど深い)ツボにうまくはまってきたと思う。
と同時に彼にはあれしかない、その限界が苦くもあったけれど、
そこにいたのは、テツととみさんと竜也だったから。

それでも、面白かったね!と観客同士がうなずき合っている客席の空気はやはり好きだ。


|

« 志の輔らくご in PARCO | Main | 花形歌舞伎 於染久松色読販 »

Comments

初めまして。

文面を読んで悲しくなりました。。
文句ばかりおっしゃり、がっかり
した不快な気分になったのが正直な
気持ちです。

Posted by: ・・・ | January 29, 2011 at 05:36 PM

First of all I would like to say superb blog! I had a quick question that I'd like to ask if you do not mind. I was interested to find out how you center yourself and clear your thoughts before writing. I've had a difficult time clearing my thoughts in getting my ideas out there. I truly do enjoy writing but it just seems like the first 10 to 15 minutes are wasted just trying to figure out how to begin. Any ideas or hints? Appreciate it!

Posted by: free music downloads | April 04, 2015 at 07:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 志の輔らくご in PARCO | Main | 花形歌舞伎 於染久松色読販 »