« 国民の映画 | Main | 港町純情オセロ »

April 09, 2011

南へ

2011年 3月31日 マチネ
池袋芸術劇場の千秋楽。 この千秋楽の後、芸術劇場は大改修に入り、約1年半劇場は閉じられます。

野田マップのチケットを手に入れたのは偶然でした。初めはパスしようと思っていました。妻夫木くんは「キル」であまり輝きを感じず舞台に向いていないように思ったし、野田さんの芝居の中にある理念的な告発に、少々食傷していました。

それでも、行く意味があると思い、劇場に向かいました。
公演自体の千秋楽です。しかも芸術劇場のお休み前、最後の舞台でもあります。「最後」の重みを感じる舞台になるはずです。
そして、3・11とこの作品の重なり。
「南へ」は、大噴火の予兆の中で起きる大きな小さな出来事を書きながら、日本の社会のあり方を問うた作品ということでした。ならば、まさに、想像もできなかった災害に身がすくむ思いの今、野田さんが発するメッセージを知っておこう、と。

芝居は休憩なしの2時間強でした。

妻夫木くんが地震から噴火の予兆を読みとってしまった若い観測員とかつて数百年前にこの村で噴火が起きるぞと予言したオオカミ少年の役を演じて頑張っていました。
渡辺いっけいさんは、噴火よりもナイターだよ、と言ってしまう、日本の組織によくある上司。いっけいさんらしいいつもの演技です。
高田聖子さんは、新感線の舞台でおなじみのパワフルさ。舞台を右に左に駆け回ります。
野田さん自身が観測所のエライ人とニセ天皇の先触れ人のような役。いつもよりも騒々しさが少なかったように感じました。
みなさん熱演でした。
ただ、蒼井優さんの発声は、腹式呼吸ではないようで聞き苦しく、演技以前のところで、最後まで違和感が消えませんでした。作品への感情移入できなかったかなり大きな要因になってしまいました。

舞台上には何度も大勢の人々が出てきて、地震の揺れや村人の動揺や押し寄せるマスコミを表現します。これはキャラクターでも見られた効果的な「群」の使い方でした。

役者も、演出も力一杯頑張っていたことが伝わってきました。

けれど、

面白かったか、と問えば、否。
感銘を受けたか、感動したか、といえば、否。
野田さんのメッセージが深く心に突き刺ささったか・・・・に大きな否。

3・11にこの作品。それをこの作品の不幸だと言ってしまったら、野田さんに失礼だと思います。
だから、あえて、言います。

最後のシーン。蒼井優さんの若い女の正体が北朝鮮からの脱北者だとわかり若い観測員妻夫木くんが旧日本兵を模した帽子をかぶり歩き去ってゆく、そこで芝居は終わりました。

今の日本人がスルーしている北朝鮮と戦時中の日本社会の相似を暗示していたのでしょうか。

そのシーンを見ていたら、
野田さんの膨大なメッセージがみな空疎に思えて、それが切なくて、
演劇ってこんなに力がないのか、と
むなしくて涙があふれました。
カテコの間ずっと、悲しくて悔しくて情けなくて、
演劇がかわいそうで、涙が止まりませんでした。

野田さんは大きな地図を描くように演劇を作る人です。
彼は彼の鋭い知性と目立ちたがり屋のキャラクターが生み出す笑いで
日本人に「自分たちの姿を見てみなよ」「起きていることを感じなよ」とエンターテイメントで予言をし警鐘を鳴らしてきたのだと思います。

 でもその予言が越えられないほどのことが現実に起きてしまった。
 3・11が未曾有のことなのだ。今、起きていることがかつて経験したことのない怖ろしく深い厄災なのだ。
 そんな大きすぎる現実を前にしたら、演劇でこれを越える予言ができるはずはない。

それはわかっています。

だけど、彼の警鐘があまりにも無惨な薄っぺらい予言になってしまったのは現実が大きすぎるからだけでしょうか。
私は「南へ」で野田さんに欠落しているものを感じてしまったのです。

「南へ」には、
人がどんなに精一杯生きてもなお消え去ることのない悲しみや
それでもなお精一杯生きるしかないときに灯される小さな灯りがない。

彼の告発は理念的で、机上の論で、根っこがない。人生を作る生活の細部が全くない。
それは彼の罪ではなく、戦後の日本の「言論界」の中に存在しないものだったのだとも思いつつも・・・。
「南へ」には人がいないのです。それではまるで、東電と政府と学会が作り上げてきた「原発安全神話」と同じです。あの地で生きる人たちの小さい生活や幸せを思う一片の配慮もなかった「うそ=神話」。それとうり二つではありませんか。

福島第一原発の汚染と向き合い、
この汚染を抱えて生きる覚悟をしなくてはならない、
すべての日本人にとって、

「南へ」は時宜を得た予言の書になることもできたはずだったと思います。

けれど、「南へ」を見ている2時間、感じ続けたのは、東京の豊かさの何と軽薄なことよ、何と無神経なことよ
そればかりでした。
闇を知らない人間には明るさに警鐘を鳴らすことなんてできない。
そう思い知りました。

そういう意味では見に行った価値はありました。

むなしさ哀しさ情けなさ、でもね、それでは演劇の価値はないとも思うのです。

野田さんは
3・11の後の世界に作品を発表するのでしょうか。
今度こそそこに人はいるでしょうか。

|

« 国民の映画 | Main | 港町純情オセロ »

Comments

You really make it seem so easy with your presentation but I find this matter to be really something which I think I would never understand. It seems too complex and extremely broad for me. I am looking forward for your next post, I'll try to get the hang of it!

Posted by: quest bar lawsuit | August 13, 2014 at 06:33 PM

Ahaa, its fastidious conversation concerning this piece of writing here at this web site, I have read all that, so now me also commenting here.

Posted by: Where Do They Sell Quest Bars | October 06, 2014 at 06:57 AM

Appreciate this post. Let me try it out.

Posted by: quest protein bars | October 09, 2014 at 05:44 AM

certainly like your website however you have to test the spelling on several of your posts. A number of them are rife with spelling issues and I to find it very troublesome to inform the reality then again I'll surely come again again.

Posted by: Diet Plans for Women to Lose Weight | October 10, 2014 at 02:05 PM

I all the time emailed this website post page to all my friends, as if like to read it after that my contacts will too. Quest Bars blogesaurus

Posted by: quest protein bars | October 11, 2014 at 05:05 AM

This is very interesting, You are a very skilled blogger. I have joined your rss feed and look forward to seeking more of your wonderful post. Also, I've shared your site in my social networks!

Posted by: Lose Weight for Women | October 20, 2014 at 02:23 AM

Awesome article.

Posted by: best dating sites | October 22, 2014 at 07:24 PM

I am sure this paragraph has touched all the internet visitors, its really really good paragraph on building up new weblog.

Posted by: best dating sites | November 06, 2014 at 09:37 AM

I visited many web pages but the audio quality for audio songs current at this website is genuinely excellent.

Posted by: best dating sites | November 11, 2014 at 10:19 PM

Hello there! Do you use Twitter? I'd like to follow you if that would be okay. I'm definitely enjoying your blog and look forward to new updates.

Posted by: best dating sites | November 14, 2014 at 07:40 PM

Paragraph writing is also a fun, if you be acquainted with afterward you can write if not it is complicated to write.

Posted by: best dating sites | January 15, 2015 at 02:23 AM

Great post. I used to be checking constantly this weblog and I'm inspired! Extremely useful info particularly the last phase :) I take care of such info much. I used to be seeking this particular info for a long time. Thanks and best of luck.

Posted by: best dating sites | January 25, 2015 at 08:54 PM

Undeniably believe that which you said. Your favorite reason seemed to be on the net the simplest thing to be aware of. I say to you, I certainly get annoyed while people think about worries that they plainly don't know about. You managed to hit the nail upon the top and also defined out the whole thing without having side-effects , people could take a signal. Will likely be back to get more. Thanks

Posted by: cashnetusa | February 12, 2015 at 12:07 PM

Hello, always i used to check blog posts here early in the morning, because i love to learn more and more.

Posted by: best eye wrinkle cream 2015 | March 05, 2015 at 06:29 AM

Every weekend i used to pay a visit this web page, for the reason that i want enjoyment, since this this web site conations actually nice funny data too.

Posted by: match.com | April 08, 2015 at 06:36 PM

This is my first time pay a visit at here and i am really pleassant to read everthing at alone place.

Posted by: minecraft games | April 09, 2015 at 02:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 国民の映画 | Main | 港町純情オセロ »