« noises off | Main | ウェアハウス »

June 26, 2011

2011年6月21日 ソワレ 新国立劇場

新小岩から総武線快速馬喰町のりかえ初台まで、意外に早かった。

作 井上ひさし 彼の初期の作品でウィーンに留学中になかばノイローゼになっていたときに一気に書き上げたと言われている。
 
演出 栗山民也 初演以来ずっと続いてきた木村光一さんの演出から作家自身の指名で栗山さんの演出へ。

主役の徳に亀治郎、女房おたかに永作博美

亀治郎、まってました!
と声をかけたいような気分で劇場へ。

新国立の前の座席を5列分はずして舞台に奥行きをつくり真ん中の回り舞台のうえにおおきな木組み。
これが江戸の橋のたもと。天井から斜めの白い線が平行に降りていて雨を暗示する。
舞台が回れば紅花問屋の座敷が現れる。赤や金、錦の屏風や襖。
体の線、動きに無駄がない亀治郎にあった気持ちの良い美術と舞台装置。

江戸の橋の下で金くず拾いをしている半ば乞食同然の徳(亀治郎)が
東北の紅花問屋の当主喜左衛門にうり二つと知らされて、喜左衛門になりすます。
正体が露見しないように必死に山形の方言を覚える徳。女房おたかにだけは体が違うとばれるのではないかとおびえるが、おたかはみじんも疑いをもたない。

しかし・・・・・これが全部大嘘だった。
最期のどんでん返し。
当主喜左衛門が切腹しなければならない窮状を乗り切るための身代わりに仕立てられて、だまされていたのは徳の方だった。
社会の最底辺からはい上がろうとした男を待っていた痛切な残酷な現実。
しかし、だましていた人々もまた降りかかった災いからのがれるためだった。
藩の武家、紅花商家、紅花農民すべての生活を守るためには喜左衛門の紅花栽培の知恵を守らなければならない。よそもので身よりもない男の命をひとつ、みんなで使わせてもらったのだ。
死んだ徳のからだを膝に乗せておたかは言う「喜左衛門さまににていたことがあんたサアには気の毒なことだったのォ」

大きく奥行きを取った背景に浮かぶ紅花と農民たちのシルエットは美しく、
山形弁は正確にはわからないながらも耳に心地よく残る。
徳が何も知らずに女房おたかの差し出す白装束を着てゆく姿はさすが。亀治郎はきれいでかっこよかった。

しかし・・・・あれだけ大きな劇場を美しくつかった舞台装置で、上手な役者で、物語が面白くて、セリフが耳に心地よくて、
なんで、「長かった」と感じたのだろう。正直、途中飽きて少々睡魔に負けていた。何故?

物語を重厚に語るために少し作品を大きくゆっくりしすぎてしまったのではないかしら。
「自分とは何か」とか「うり二つの自分と他人を分ける線は何か」とか「言葉を持つこと失うこと」とか「共同体の力」とか「中央の権力と地方」とか
すごく大きいテーマを描こうとしすぎてしまったのではないかしら。

徳は情けない悪党とも呼べない男で、身の丈に合わない嘘にはまってゆく、その姿を端から見てハラハラする。だから、結局悲劇が待っていたその結末に、妙に納得してしまう。小さな男がつく大きな嘘のあわれな結末と残酷でしぶとい現実に。
亀治郎は立ち居がかっこいいし上品だし賢そうだし、ほんとに大店の当主に見えてしまう。なりすますとしたらもっと大きい悪をもってなりすましているように見える。大きい舞台と亀治郎の品と展開を丁寧でゆっくりとさせた演出が、物語に合っていなかったんじゃないかしら。
この話は小さい劇場でそっとスピード感を持って演じた方が、秘密めいてふさわしいのではないかしら。

演劇として十分に貫禄のある大作に仕上がっていた。みんなすごく頑張っていた。

だけど、本来そういう作品だったのかなぁ。
赤坂ACTシアターでかもめの舞台を見たあのスカスカ感に似ていた。あれも話の世界に合わない無駄に大きい舞台だったから。

新国立劇場が力入れたんだよね。小劇場でやったら、全然違う作品になっていたのではないかしら。

|

« noises off | Main | ウェアハウス »

Comments

It's in reality a nice and useful piece of info. I am happy that you simply shared this helpful information with us. Please keep us up to date like this. Thank you for sharing.

Posted by: Best Dating Sites | November 01, 2014 at 09:32 AM

Spot on with this write-up, I honestly believe that this site needs much more attention. I'll probably be returning to read through more, thanks for the information!

Posted by: nenas | November 19, 2014 at 07:32 AM

My brother suggested I would possibly like this blog. He was once totally right. This publish truly made my day. You can not consider simply how so much time I had spent for this info! Thank you!

Posted by: best dating sites | November 20, 2014 at 04:59 PM

Very soon this web site will be famous amid all blogging viewers, due to it's pleasant content

Posted by: Best dating sites | November 21, 2014 at 06:15 PM

This article will assist the internet users for building up new website or even a weblog from start to end.

Posted by: best dating sites | December 21, 2014 at 05:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« noises off | Main | ウェアハウス »