« 盟三五大切 | Main | アパッチ砦の攻防 »

October 10, 2011

ベッジ・パードン

2011年 7月5日 世田谷パブリックシアター

今年3本目の三谷作品。新作。

1年に3本の新作ですね。凄い才能です。しかも、どれも良くできている。

役者もよく揃えて。無論、役者さんも彼の作品に出たいでしょう。断られる心配もないし、チケットは完売間違いないから興行的にも成功は約束されているし。

で、萬斎さんがロンドン留学中の森鴎外。
神経症で誇り高くホームシックで誠実であろうとする。
深津絵里さんがエリスのモデルになったらしきベッジ。
深津さんのコメディエンヌぶりがお茶目でかわいく。
三谷さんの仕掛けは、この二人をヒギンズ教授とイライザにも重ねる。
さらに芸達者の浅野さんがひとりで6役でお客さんを笑わせる。
鴎外の友人の大泉洋はただの良い友人ではなさそうだ。

で、面白かったのだけど、

う・・・ん、このメンバーでこの作品は彼らにとってまさに「役不足」だったのでは。

もっと、軽いのりの役者の方が良かったのではないかしら。

三谷さんが大作家になりすぎちゃったんだなぁ・・・だからこのメンバーだったんだよね・・・

う・・・・ん。

超高級素材の伊勢エビやらアワビやら前沢牛やらが
ラーメンになっても、あかんのではないやろか。
高級素材には高級素材の味わい方があり、ラーメンにはラーメンの奥深さが別にあると思ったのでした。

|

« 盟三五大切 | Main | アパッチ砦の攻防 »

Comments

Hi there, I do think your website may be having internet browser compatibility problems. Whenever I look at your website in Safari, it looks fine however, if opening in I.E., it has some overlapping issues. I just wanted to give you a quick heads up! Other than that, great site!

Posted by: best dating sites | November 21, 2014 at 12:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 盟三五大切 | Main | アパッチ砦の攻防 »